« 天気予報にたがわず石山あたりから降りはじめる | トップページ | 雨はそのうち止むと判断してバスセンターへ向かう »

2014年6月27日 (金)

古市橋駅の南側踏み切りへの道で危うく迷いそうに

広島南アルプスショートコース逆縦走

 見渡す景色はぼんやり。白木山方面はほとんど見えません。ひと息ついて、水分Imgp3091_edited補給。そして、下山にかかります。すると、大岩の陰に動く、黒くて長い生き物発見。スワッ! 今日はじめての蛇か。しかし、よく見てみると、巨大なシーボルトミミズでした。ゆっくり上っています。後から写真で見ると、あまり気持ちよくない。

 そこからは、難所を避けるつもりでファミリールートを選択します。「ファミリー」というと何となく優しい感じがしますが、急段もあったりして、さほど安楽というわけでもない。しかも、やや道の分かりにくいところもあって、そのためか、結局、見張台に出てしまい、忍者坂を下りることになってしまいます。

 展望広場から、岳山を見ようとしますが、この位置からでは荒谷山がどっしりと座っImgp3093_editedていて、無理でした。それにしても、ここも木が伸びてきているので、残念ながら、いまひとつ眺めがスッキリとしません。さて、ここから、緩やかだけど退屈な、九十九折れ坂を下りていきます。林の中は曇天のため、いっそう薄暗い。

 この前のショートコース順縦走のとき上った、夫婦杉への道を下りてみると、少し時間短縮に。そして、荒れた谷道を抜けて、七久谷尾根ルートへ。今回は、コブにある休憩所のベンチのところで、早々に着替えを済ませます。半ズボンスタイルに。谷ルートへ移行する難路がちょっと心配でしたが、ナンクルナイサ~。

 目印の切り株を、ちょっと間違えそうになりましたが、大丈夫でした。斜面の急坂Imgp3094_editedを下りていきます。なぜかしら清流とはいえない小川を越えて、谷ルートに合流。そして、しばらく進んだところは、よく見ると数メートルの断崖の上。下を覗き込むのはやめておきます。登山口近辺は、またヤブが茂ってきていました。

 ハナミズキ台に出て、いつものルートを歩きます。これまで失敗を積み重ねながらも、何度か歩いているルートですが、久しぶりなので可部線の踏み切り直前で、危うく迷いそうになってしまいます。しかし、何とかクリア。ところが、またここで、やや強めの雨が降ってきました。古市橋駅までもちそうにない。

 こんなこともあろうかと、準備してきたカッパを着込みます。しまっていたリュックカImgp3096_editedバーも、引っ張り出して。列車に乗っていると、下祇園駅から三滝駅あたりで土砂降りに。先行きがちょっと心配になってきます。ところが、梅雨の雨だからでしょうか。西広島駅では、まったく降っていませんでした。道路も白いまま。(了)

« 天気予報にたがわず石山あたりから降りはじめる | トップページ | 雨はそのうち止むと判断してバスセンターへ向かう »

やまなみコース縦走」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古市橋駅の南側踏み切りへの道で危うく迷いそうに:

« 天気予報にたがわず石山あたりから降りはじめる | トップページ | 雨はそのうち止むと判断してバスセンターへ向かう »