« ちょっとだけ人助けして しばらくの間 幸せな気分に | トップページ | くすの木台ルート展望所から筒瀬422ピークを同定 »

2014年6月 9日 (月)

再び岳山へ そして大谷山から桜ヶ垰へと縦走

岳山~大谷山~桜ヶ垰縦走

天気:快晴(黄砂あり)
気温:19.6~25.3℃
湿度:38~66%
風速(三入):0.6~4.1m/s

くすの木台バス停9:33-くすの木台口9:38-のろし台10:19-岳山10:25-姫路垰10:48-511峰11:25-大谷山12:34~12:50(昼食16分)-西肩斜面13:13~13:38(ロス25分)-ササヤブ14:18~14:32(ロス14分推定)-ヤブ谷14:35~14:46(ロス11分)-桜ヶ垰口14:55-伴南5丁目バス停15:55

全行程:11.6㎞ 5時間16分(昼食休憩16分、ロスタイム50分除く) 2.20㎞/h
ハイキング:6.7㎞ 4時間11分( 〃 ) 1.60㎞/h
 △(大谷山まで):4.9㎞ 2時間56分 1.67㎞/h
 ▽(大谷山から):1.8㎞ 1時間15分(ロスタイム除く) 1.44㎞/h

 あおぎりカイロプラクティックの経営、細々とでも何とか続けようと、このところImgp3005_edited副業にも携わってきましたが、穴の開いたバケツで水を汲むようなもので、どんどん傷が深くなるばかり。これ以上は、やっぱり無理なようです。そこで、「年貢の納め時」の準備をしながら、日々を過ごしています。

 昨日の朝、出掛けるに前ぶれなく突然、右殿部に違和感。ところがそれに留ることなく、だんだん痛みが強くなってきました。中殿筋と梨状筋あたりです。日中、該当するトリガーポイントへ処置して、キネシオテーピングを貼っておきました。翌日の里山探索行は、その朝の身体のコンディションから判断することに。

 岳山は、先週を歩いたばかりですが、地形図にルートが記されていない大谷山~Imgp3048_edited桜ヶ垰間の縦走に挑戦することに。まず、ルートラボに書き込んでみます。桜ヶ垰から逆に歩くとしたら、はじめは緩やかな坂を上りますが、大谷山をピークに、岳山の「くすの木台」ルートからの下りは急坂になっています。

 そうなると、上りが緩やかで下りが急か、あるいは上りが急で下りが緩やかか、殿部痛がある場合には、どちらがより安全か考えてみますが、結論が出ません。それで、岳山を同じ方向から歩くのには、若干の抵抗がありましたが、桜ヶ垰からの上りルートはやや曖昧な感じ。そこで、山道のハッキリしている岳山から上ることにします。

つづき:くすの木台ルート展望所から筒瀬422ピークを同定

« ちょっとだけ人助けして しばらくの間 幸せな気分に | トップページ | くすの木台ルート展望所から筒瀬422ピークを同定 »

アストラムライン北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び岳山へ そして大谷山から桜ヶ垰へと縦走:

« ちょっとだけ人助けして しばらくの間 幸せな気分に | トップページ | くすの木台ルート展望所から筒瀬422ピークを同定 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ