« ツキノワグマ目撃情報は去年の4月13日のことじゃと | トップページ | 四本杉までは幅の狭い難儀な踏み後が延々続く »

2014年5月 7日 (水)

幼稚園児が卒園記念に東郷山に上ったんですと

東郷山(白井の滝~四本杉~和田)

 そして、山頂の按配を知りたくて、食事をとるスペースがあるかどうかたずねImgp2739_editedてみまます。すると、「大丈夫」との答え。さらに、これまでのところ、他にはハイカーに出会っていないので、おそらくこの人のものだろうと思いながら、「登山口にクルマを留めていた方ですか」と聞いてみます。

 すると、「クルマで来んと上れんよ」との、若干いい訳じみたように聞こえる返事。こちらがバスで来たことを伝えると、「そういう方法もある・・・」とか何とか、ムニャムニャ言っていましたが、よく聞こえませんでした。とにかく、山頂の様子を教えたもらったことに対するお礼を述べて、すれ違います。

 その後に着いた三番目の鉄塔、ここは森が深く、これまで以上に、見晴らしが良Imgp2740_editedくありません。地図によっては、もうひとつ東側の谷からのルートが、ここに乗り上げてくることになっています。鉄塔の東側に、それらしき道のようなものがありますが、定かに確認することはできませんでした。

 「山頂まで 0.4㎞」という案内表示のとおり。そこからは、あっという間に山頂(977.4m)に到着です。四本杉方面への案内板が目立ちますが、残念なことに、東郷山山頂の表記が見当たりません。そして、やはり、まばらな林に囲まれているので、展望はよくありません。それでも、背伸びすると何とか、大峰山の尖った頂を眺めることができます。

 時刻は、11時36分。少し早いのですが、周囲を見渡してみると、ここが文字どおImgp2743_editedり頂点のようです。細い枯れ幹を横したベンチがあったので、そこに座って、昼食をとることにします。気温19.1℃、湿度42%。風が強いので少し寒さを感じますが、汗で湿らないよう早めに脱いだシャツをはおると、ちょうど良い。

 食後、尾根の先に続いている、クマ笹の中を進む道のようなものをチェック。これが廃道になっているルートでしょうか。さらに、木にぶら下がっている木片を見ると、「戸山の森の幼稚園 卒園登山2013.12.11 大谷より登山」と小さな文字で書いてあります。どのルートか分かりませんが、幼稚園児が上ってくるとはすごい。

 さて、案内表示にしたがって、下ることにします。すぐにある急降を過ぎると、ブナImgp2746_editedの巨木の間を縫う緩やかな尾根道。しかし、しばらく進むと、急に左の斜面を示す案内表示がありました。ここから、斜面を下りる急坂になります。これで良いのだろうかと思いつつも、方向的には間違っていないことを確認。

 かなり下りたところで、今度は斜面をトラバースする幅の狭い道になります。そこを進んでいると、下の方で人の声が聞こえてきました。このルートを上ってきた人だろうかと思いつつ、接近。ひとりではなくて夫婦ハイカーでした。女性が下から上ってきていて、男性が少し上の方で待機しているようです。

つづき:四本杉までは幅の狭い難儀な踏み後が延々続く

« ツキノワグマ目撃情報は去年の4月13日のことじゃと | トップページ | 四本杉までは幅の狭い難儀な踏み後が延々続く »

西部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幼稚園児が卒園記念に東郷山に上ったんですと:

« ツキノワグマ目撃情報は去年の4月13日のことじゃと | トップページ | 四本杉までは幅の狭い難儀な踏み後が延々続く »