« ヘビに脅える柚木城山にいたふたりの女性ハイカー | トップページ | ガガラ山は「ツツジの丘」より稜線道の方が花盛り »

2014年5月 1日 (木)

思いつきのバカの芽探しを止めて歩くことに集中する

広島やまなみ(南アルプス)ロングコース逆縦走

 畑垰から丸山(457.6m)に向かいます。「そういえばこの時季は、Imgp2683_edited山菜の季節」と、急に思いついたので、コシアブラに気を配りながら歩きます。久しぶりなので、どんな芽だったか思い出しながら。2つ、3つと見つけましたが、テンプラにするには、これでは少なすぎる。無駄にしてはいけないので、採取しませんでした。

 しかも、山菜探しに気を取られていると、スピードが遅くなる。浮気をやめて、歩くことに集中することにします。そんなことを考えながら、進んでいると、前方から男性ハイカーがやってきました。手には、緑色のものが三分の一ほど詰まったポリ袋。「コシアブラですか」と聞くと、頷きますが、「思っていたより、少なかった」との言。

 山菜取りを主目的に来ているようなので、「ここまでのルートにも、チラホラありまImgp2685_editedしたよ」と教えます。しかし、すれ違った後、「あれだけ採ったら十分でしょ。根こそぎ持って帰りょんじゃなかろうか」と、心のつぶやきがもれてきます。しかし、その先にまだ、いくつか残っていましたから、「根こそぎ」ではなかったようです。

 石山にさしかかったとき、前から”スキンヘッド“のハイカー。岩に乗り上げて道を譲ると、「いつも、だいたいこの時間じゃね」と意味不明の弁。「え?」と聞き返します。「以前、ここで弁当を食べよった人?」と確認してきたので、否と応えます。どうも、誰か、似て非なる他の人と間違えたようです。

 このスキンヘッドハイカー、どこかで出会ったことがあるような気がしないでもありImgp2687_editedません。それでも、確かに毎回、地点の通過は、だいたい同じ時刻ですが、とは言っても、ロングコース逆縦走は年2回だけ。しかも、この石山で印象に残るほど話をした記憶がありませんから、こちらが忘れてしまっていたということでもないでしょう。

 その後、「今年も可部トレイルランがあるらしいけど、ランナーに出会わんなぁ。平日やから仕方なかバイ」などと、思いながら歩いていると、その心を読んでいたかのように、権現垰から上っていると、若いランナーが駈け下りてきました。そのスピードを殺さないよう、一気に左脇へ跳び上がって、道を譲ります。

 伴垰を過ぎて、火山への上りにさしかかったところ、「ふくらはぎがパンパン」なImgp2691_editedどと話しながら、にぎやかな3人の女性ハイカーが下りてきました。あいさつしながら、身体をかわします。ひょうたん岩下り口、展望岩角をきちんとチェックしてたどり着いた火山山頂(488m)には、誰もいませんでした。

 山頂から、鈴が峯をはじめとする縦走路の山々を眺めることができます。よく、あんな遠くから歩いてきたもの。右足首は西峰上り以来、さほど苦痛ではなくなっていますが、上りで違和感。そして、下るときに、いつものように小趾の先に若干の痛みが出ています。しかし、もはや歩き切る以外に選択肢はない。

つづき:ガガラ山は「ツツジの丘」より稜線道の方が花盛り

« ヘビに脅える柚木城山にいたふたりの女性ハイカー | トップページ | ガガラ山は「ツツジの丘」より稜線道の方が花盛り »

やまなみコース縦走」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思いつきのバカの芽探しを止めて歩くことに集中する:

« ヘビに脅える柚木城山にいたふたりの女性ハイカー | トップページ | ガガラ山は「ツツジの丘」より稜線道の方が花盛り »