« 軽トラックで高見山林道を下りてきた人とふれあい | トップページ | グネグネ林道で現在位置を特定するのは難しい »

2014年4月23日 (水)

分岐を間違えて矢草林道起点までの道を逆走する

高見山から帆柱垰、和乱冶垰を経て大頭神社へ

 この鉱山跡の洞穴、奥行きはそれほどでもないようですが、白昼にもかかImgp2584_edited_2わらず、中は真っ暗で気色悪い。時間の余裕もないし、とても入り込んで、掘り残された水晶があるかどうか、探してみようという気にはなりません。それにしても、「本丸」とありますから、洞穴は他にもいくつかあるのかもしれません。

 そこを後にして、再び九十九折れの急坂。今度もズルッとくる砂粒斜面です。これを上りきったところで、送電鉄塔のある主尾根に乗り上げます。久しぶりに緩やかな道。左上に突き出した岩山が見えます。あれが高見山だろうかと思いつつ、右への分岐をやり過ごして、左にある山頂まで、100m余りの直登ルートを上ります。

 山頂は、標高559m。東には船倉山(546m)らしき山がありますが、離れているImgp2586_editedためでしょうか、かなり低く見えます。ひと息ついて、今度は矢草林道の起点がある湿原をめざします。白糸の滝ルート探しで彷徨った川渡りの岩場を思い浮かべながら、歩いて行きます。ところが、途中のコブにあった分岐を、左へと進んでしまいました。

 うっかり、高見山山頂での方角調整を忘れていました。右側にある道らしき空間は、倒木があったので、遮られているものと錯覚。しかし、道はどんどん北側へと下りていきます。「ちょっとおかしい」とは思いながらも、それでもなお、この道はコブを巻いているのではという都合の良い願望を抱きながら。

 やがて、前方の林の下に、黒い帯状のものがチラチラしてきました。錯覚と願望の詰まImgp2596_editedった頭にはそれが、期待の谷川に見えます。しかし、現地に下りてみると、それは未舗装の林道でした。いったい、これはどうなってしまったのか。うっすらと予感していたように、北の尾根を下りて、矢草林道に直接出てきてしまったようです。

 「このまま西へ、帆柱垰まで歩くか」とも考えましたが、まず、この矢草林道の起点にたどり着くまで、東へ戻ってみることにします。どんどん歩いていくと、はたまた止まっていたのは軽トラック。男性が下側の斜面から、何やら摑んではい上がってきました。どうも、先ほど出会った人とは違うようです。

 あいさつを交わして、通り過ぎます。何やら道が少し狭くなってきたような感じ。Imgp2605_edited「ひょっとしたら、このまま、林道の起点は曖昧なまま船倉山へ通じているのかも」などという疑念を抱きつつ。しかし、長い道程でしたが、心配無用でした。そのうち、矢草林道の起点標識のある広場にたどり着きました。そして、斜め右前方には山道。

 ここまで来れば、「毒を食らわば皿まで」。山道に乗り込みます。やがて、右側に見覚えのある湿地。そして、しばらくの間ズブズブ道。「よしよし」と、さらに歩を進めると、例の、川渡りの岩場に出てきました。果たしてこれが、高見山ルートなのかどうか。まだ確証はハッキリしませんが、可能性大。これから歩いて検証することにします。

つづき:グネグネ林道で現在位置を特定するのは難しい

« 軽トラックで高見山林道を下りてきた人とふれあい | トップページ | グネグネ林道で現在位置を特定するのは難しい »

西部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分岐を間違えて矢草林道起点までの道を逆走する:

« 軽トラックで高見山林道を下りてきた人とふれあい | トップページ | グネグネ林道で現在位置を特定するのは難しい »