« 地図を読み取って距離を体感するのは簡単ではない | トップページ | 榎ノ山川谷あいの旧道を歩いて瀬野駅へと向かう »

2014年4月17日 (木)

下立石ルートの前半は谷を下りる荒れた道じゃった

東中倉山~長者屋敷跡~長者山縦走

 やがて長者山への上りに入ります。ここも、いったん急坂を上りきったところImgp2533_editedが、地図にはないコブ。そこを下って、また軽く20m程度上ります。ようやく長者山山頂に到着。13時29分です。ここはタムシバが花盛り。ひと息ついて水分補給。しばらく、山々を同定しながら、展望を楽しみます。

 さて、ここからは急降。滑りそうなので、補助ロープのあるところは躊躇なく使います。もっと時間を費やしたような気がしましたが、わずか4分で鞍部に到着。ここから、下立石ルートを下りていきます。縦走するときには、いつもチェックしていた下山口、ここから最初に上った直登ルート合流点まで、はじめて歩きます。

 前半は、谷をまっすぐ下りる道なき急坂です。テープと踏み跡のようなものがImgp2537_edited頼りの荒れたルート。地図の感覚よりも長く感じます。そして、斜面を数メートル上ったり下ったりしながら横走する、今にも崩れ落ちそうな、あるのかないのか分からないような難儀な細道に。それでも、やがて、直登ルートと合流する尾根道へと乗り上げます。

 道はハッキリしているものの、下りていくと、そこもやがて、九十九折れの急降になってきました。このあたりは記憶に薄い。少し緩い勾配に下り立ったところで、案内テープの先の尾根には、生い茂るシダ藪。そして、その右側の谷へ向けてリボンが風に揺らいでいます。この谷へ下りるのだったかなぁ。

 そのリボンのところまで行ってみましたが、どうもその先には道らしきものも、案内Imgp2544_edited表示もありそうにない、危険な匂いがします。短い距離だったので、すぐに引き返します。そして、まっすぐシダ藪をかき分けて進むことに。すると、藪は迫っていますが、ちゃんと道がありました。おまけに倒木も、歩きやすいように切断されています。

 そのまま下りていくと、今度は真正面に、右への矢印が記入されたテープがありました。これには従います。そこからは緩やかな道ですが、しかし、どんどん谷へと下りていくので、いくぶん半信半疑。未知(ミチ)の道(ミチ)だろうかなどと思いつつ歩いていましたが、何となく見覚えのある倒木が見えてきました。

 さらに下りていくと、確実に記憶に残っている石垣群の跡に出てきました。水田のImgp2548_edited跡でしょうか。とにかく、「ここ、ここ」と、その間を下りていきます。やがて、民家の屋根らしきものが見えてきたので、墓地の手前で汗に濡れた上衣を着替えます。さらに下ったところで、畑作業をしている女性がいたので、あいさつ。

つづき:榎ノ山川谷あいの旧道を歩いて瀬野駅へと向かう

« 地図を読み取って距離を体感するのは簡単ではない | トップページ | 榎ノ山川谷あいの旧道を歩いて瀬野駅へと向かう »

瀬野川流域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下立石ルートの前半は谷を下りる荒れた道じゃった:

« 地図を読み取って距離を体感するのは簡単ではない | トップページ | 榎ノ山川谷あいの旧道を歩いて瀬野駅へと向かう »