« 東中倉山から長者屋敷跡を経由して長者山へ | トップページ | 地図を読み取って距離を体感するのは簡単ではない »

2014年4月15日 (火)

東中倉山山頂にあったのは軍の「聴音照射所」らしい

東中倉山~長者屋敷跡~長者山縦走

 しかし、やがてしばらくすると、落ち葉に埋まって滑りやすい急勾配の坂がImgp2493_edited続くことになります。それでも、下の送電鉄塔を過ぎると、「肩に乗り上げた」というのか、しばらく穏やかな道に。233ピークを過ぎると下ります。さらに上ったり下ったりを繰り返して、351ピークには表示板がありました。「東中倉山山頂 1500m」とのこと。

 そこから下って上って、また下りて上ったところが展望所。南北に見える山々を同定します。やがて上の送電鉄塔に到着。ここからは北方面の見晴らしが良好。長者山の縦走路が高く聳えていて、「あそこまで歩くのだろうか」といった恐れを感じますが、それよりもまず、東中倉山の山頂に到達しなければ。

 「ツツジ群生地」の案内板の周りにはあまり見られませんでしたが、そこへ向Imgp2504_editedかう途中にこそ、これから盛りを向かえそうな、コバノミツバツツジが美しく咲きはじめていました。そして、最後の急登を上りきって、標高514mの山頂に到着です。大きな窪地があります。大木が根こそぎ倒壊してできたものではなさそう。

 よく観察してみると、真中にコンクリートの丸く平らな構造物があります。この先に旧軍の建物もあるので、これも何らかの軍設備の跡かもしれません。後からサイトで調べてみると、「中野村聴音照射所」だったとのこと、いまで言うレーダー基地のようなものでしょうか。このサイト、作成者がハッキリしていないのが気がかり。

 ひと息ついて、榎ノ山垰をめざします。しばらく尾根を東へ八世以山ルートを進Imgp2512_editedんで、左に分岐するはず。ところが、道なりに少し下りるといきなり旧軍の建造物。このまま下りて行くと、八世似山に行ってしまう。そこで、この建物の北側に回って、尾根道を探してみることに。かなり荒れていましたが、案内テープを発見。

 ところどころ、倒木が前途を塞いでいます。中には、大きな幹も。それでも、その先には道のようなものがあります。そして、テープも何とか続いているようです。次第に尾根は心細い馬の背になっていきますが、ようやく北端に到って、方向は榎ノ山垰へと、下りはじめているのでひと安心。落ち葉で滑りそうな急坂が続きます。

 木杖を拾って、それを支えに、何とか下りていると、ガーガーと重機の騒音がImgp2513_edited耳につきます。何しているのだろうか、ゴミの処分場だろうかなどと考えながら、まばらな林から向こうの山を垣間見ると、どうもショベルカーで砂利を、ダンプカーに積み上げている様子。どこまで展開するのでしょう、広範囲に山肌が抉られています。

 やがて、垰に近くなると、地形図どおり道がやや緩くなってきます。そして、榎ノ山垰に到着。道路から出口を振り返ってみますが、何の目印もなく、森に穴が開いているだけ。前回見たときには、リボン状のものがたくさんあったような気がするのですが、場所が違うのか、それとも記憶違いだったのでしょうか。

つづき:地図を読み取って距離を体感するのは簡単ではない

参考サイト:中野村 聴音照射所(特設見張所)(2006.12.1)

« 東中倉山から長者屋敷跡を経由して長者山へ | トップページ | 地図を読み取って距離を体感するのは簡単ではない »

瀬野川流域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東中倉山山頂にあったのは軍の「聴音照射所」らしい:

« 東中倉山から長者屋敷跡を経由して長者山へ | トップページ | 地図を読み取って距離を体感するのは簡単ではない »