« 宮島の陸路を反時計回りに一周する有限地獄縦走 | トップページ | 長浦到着時刻は大迷走した前回より14分早いだけ »

2014年4月 8日 (火)

思いもしないところで新たな道迷いをすることに

宮島陸路反時計回り一周

 反時計回りなので、町家通りを抜けて、厳島神社の裏から水族館前を通り、起Imgp2441_edited伏のある海岸道路を多々良潟へと進みます。「ここがこの前、浜から上がってきたところで」と相棒に確認。さらに歩いて広島大学植物実験所に到着したのは、9時50分。ペースを上げたつもりですが、1月に歩いたときより、3分遅れています。

 ここでひと息ついて、山歩きの準備をします。室浜砲台跡からいよいよ山道に。ところが、何度も歩いていて、勝手知ったるはずのこの初っ端の分岐で、右へと進んでしまいます。しかし、すぐに前方に、ヤブが険しくなってきました。「これは違う」と、すみやかに引き返します。ほとんど、ロスタイムにはならずにすみました。

 それに懲りて、ここから先、広い谷は案内テープを、特に慎重にチェックしながらImgp2444_edited進みます。尾根を横走する細い道は、ハッキリしているので大丈夫。それにしても、西海岸ルート唯一の難所ともいえる、短い補助ロープ設置された急降坂では、慣れていない相棒は思わず「落ちそう!」と声をあげます。

 川渡ったところの大きな段差では、相棒を引っ張りあげたり。何とか御床浦上の菜園門前跡に到着して、ひと息つきます。そして、すぐ近くにある次の菜園門前跡過ぎて、斜面を下りたところで、南側に両方に石積みの見える道路に出てきました。これまで、ここで何度か迷っているので、テープは信用できないという思い込み。

 案内テープに逆らって、そこをまっすぐ山方面へと歩きます。しかし、石垣がImgp2446_edited両側に続く道。おかしい。確か、崩れ石垣は左側だけで、右には川があったはず。引き返すことにします。ところが、今度は、菜園跡から下りてきた地点がハッキリ分からなくなってしまい、西方向にいくつかあったテープの方向に進みますが、ヤブになってしまいます。

 やっぱりさっきの道かと、再び両石垣の道を。今度は奥へ奥へと進んでみます。何だか違うような気がするだけど、ひょっとしたら、この先で目的の御床山ルートに合流するかもしれないという期待。しかし、その願望は外れてしまい、結局、ヤブになってしまいます。こうなっては仕方ない、もう一度戻って冷静に観察してみよう。

 もう一度、斜面を下りてきたところを慎重にチェック、そこに対応する案内テープのところImgp2448_editedを進んでみます。すると、林の中の道のようなものをようやく確認。その先には、記憶にある御床山ルートの入口が。大幅ロスタイムと思いましたが、12分+α。しかし、後から聞くと、相棒はここで、失意のどん底に陥っていたようです。御免。

 案内テープに騙されたのは、このルート入口から海方向へ続いている広い道でのこと。そこまでは、これまで二度とも、無事通過してきたのに。どうして間違えたのか、不・思・議。これまでの失敗から、新たな先入観ができてしまったに違いない。そう反省しながら、今度は、長浦への分岐を見過ごさないようにと、目を凝らして歩きます。

つづき:長浦到着時刻は大迷走した前回より14分早いだけ

« 宮島の陸路を反時計回りに一周する有限地獄縦走 | トップページ | 長浦到着時刻は大迷走した前回より14分早いだけ »

宮島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思いもしないところで新たな道迷いをすることに:

« 宮島の陸路を反時計回りに一周する有限地獄縦走 | トップページ | 長浦到着時刻は大迷走した前回より14分早いだけ »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ