« 360度見渡すことができる展望塔が元の三角点かも | トップページ | モーターバイクでの崩れ林道登坂はスリリングかも  »

2014年3月13日 (木)

ヤブ林道をさまよったあげく「のうが湖」を見つける

野貝原山周遊ハイキング

 若干雪は残っていますが、乾いているところに座って、ここで昼食にします。今Imgp2248_edited回は、気温と湿度をチェックするのをうっかり忘れてしまいましたが、風が穏やかなので、過ごしやすい。その後、さらにこの塔の上につくられていた足場に、ちょっとだけ上ってみました。まさに絶景。しかし、良い子は決してマネをしないように。

 適当に切り上げて、塔から下ります。今度はその裏手にテープが見えたので、ひょっとしたら、野貝原山ピークへの道に戻るかもとたどってみます。ところが、踏み後のない雪道を歩いていくと、一番西側にある電波塔のところへ出てきました。そして、そこから先は行き止まりで、道が通じてない。

 東側の四連電波塔のところまで引き返します。そして、野貝原山のピークハンImgp2249_editedトを頭の隅に置きつつも、そこを林道沿いに北に回って、西へ戻ってみることにしました。ここからは真っ白な雪に覆われた道になります。クルマが通った跡もありません。シカのような足跡や、小動物の掌痕が残っていました。

 うわさに聞いていた別荘群のある斜面を通り過ぎます。私的富の具現者が、いまでも夏には使っているのでしょうか。そんなことを思いながら、歩いていると、小さな分岐やカーブがあって、そのうちいったい自分がどこにいるのか釈然としなくなりました。いま歩いているあたりは、持っていた地図プリントからはみ出したところ。

 そんなときのために持ってきている地形図には、このあたりの道が記されていまImgp2250_editedせん。いくつかあった赤テープは、谷へ谷へと誘導。されども、それには従わず。林道を歩きながら、西方をめざしつつ、いちばん目印になるはずの「のうが湖」を求めて進みます。しばらくすると、分岐にたどり着いたので、南に向かう道を選んでみることに。

 その雪深い道は、コブの斜面にそって曲がりながら上っていきます。やがて、だんだんヤブっぽくなり、さらに東に方向を変えてしまいました。ほぼ林の中に入ってしまったかと思われた頃、下の方でモーターの音と歓声。下の方に誰かいるようです。何となかるかも、道のような空間を潜りぬけて、下りていきました。

 そこにはモーターバイクと男性がたたずんでいました。そして、その下の急斜Imgp2255_edited面を走り上がってくるもう一台のバイクの轟音。接近しすぎて驚かしてはいけないと思い、声をかけてみましたが、聞こえなかったよう。もう一度大声で呼びかけます。すると、ようやく気づいて、振り返ったので、あいさつを交わします。

 「泉水から上ってきたのですか」と聞かれたので、明石から東側をグルッとまわってきたことを伝えます。そして、この道が通じているのか確認してみると、是の返事だったので、このまま下りてみることにします。雪道上には、たったいま乗り上げてきたバイクの轍。おっと、滑りそうになりながら下りていきます。さらに今度は、トラバース道を進んでいくと、左のまばらな林の向こうに広い池。

つづき:モーターバイクでの崩れ林道登坂はスリリングかも

« 360度見渡すことができる展望塔が元の三角点かも | トップページ | モーターバイクでの崩れ林道登坂はスリリングかも  »

西部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤブ林道をさまよったあげく「のうが湖」を見つける:

« 360度見渡すことができる展望塔が元の三角点かも | トップページ | モーターバイクでの崩れ林道登坂はスリリングかも  »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ