« 神原口から左折することを言い忘れたのが気がかり | トップページ | まさかこんなに雪が残っているとは思いもせず »

2014年3月 3日 (月)

ベースプレートコンパスの使い方を実地練習

広島やまなみロングコース逆縦走

天気:曇りときどき薄日
気温:7.9~12.9℃
湿度:48~62%
風速(広島):0.8~3.2m/s

八幡東小バス停9:15(9:16-1)-八幡東口9:20(9:20)-西峰9:57(9:56+1)-東峰10:12(10:09+3)-鬼ヶ城山10:49(10:42+7)-315ピーク11:39(11:32+7)-柚木城山11:59(11:52+7)-展望岩12:57(12:44+13)~13:11(12:56+15)(昼食14分)-大茶臼山13:18(13:01+17)-丸山13:59(13:40+19)-火山15:03(14:36+27)-武田山15:55(15:27+28)-ガガラ山16:30(16:04+24)-相田口16:52(16:28+24)-安東駅17:04(16:41+23)

全行程:19.1㎞ 7時間35分(昼食休憩除く)(7時間13分+22) 2.52㎞/h
ハイキング:17.7㎞ 7時間18分( 〃 )(6時間56分
+22) 2.42㎞/h
 △:(展望岩まで):9.4㎞ 3時間37分 2.60㎞/h
 ▽:(展望岩から):8.3㎞  3時間41分 2.25㎞/h
※ ( )内は2013.2.24ロングコース逆縦走のタイムと比較

 ホームマウンティンの広島やまなみコース、昨年11月以来久しぶりに、鈴がImgp2198_edited峯西峰からガガラ山へまでの逆縦走ロングコースを歩きます。昨日降った雪、今朝の段階で市街地はほとんど解けていました。そのため、念のためにスパッツは持って行くことにしまたが、アイゼンまでは不要だろうと判断。

 そして、今回はベースプレートコンパスの使い方を練習することに。数ヶ月前に購入していたのですが、あまり本気で使っていませんでした。それではあまりにも、もったいないので、今回実践で学んでみることにします。実地コースの地図を適当に抜粋したものを合わせて持って行きます。『地図の読み方』(JTBパブリッシング)によると。

 ①地形図の上にコンパスを置いて、コンパスの長辺を現在地と目的地に向かうImgp2153_edited登山道にあわせる。②コンパスの回転盤を回転して、回転盤矢印と磁北線が平行になるようにセットする。③地形図からコンパスを離し、自分の胸あたりにセット。④回転盤矢印と磁針が重なるように身体を回転させる。⑤重なったところで頭を上げると、正面に進むべき道がある。

 なるほど、これなら目的地のコンパスで方角をキープできます。道案内のない分岐に、さしかかったときでも、どちらを選べばいいか、判断する材料になります。但し、その分岐先が、真っすぐ目的地の方角に向かうようになっていない場合には、微妙です。まぁ、右か左かという選択では、いずれか、磁針に近い方を選べば何とかなるでしょう。

つづき:まさかこんなに雪が残っているとは思いもせず

関連日誌:西峰への急坂がちょうど良いトレーニング

« 神原口から左折することを言い忘れたのが気がかり | トップページ | まさかこんなに雪が残っているとは思いもせず »

やまなみコース縦走」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベースプレートコンパスの使い方を実地練習:

« 神原口から左折することを言い忘れたのが気がかり | トップページ | まさかこんなに雪が残っているとは思いもせず »