« 鈴が峯歩きは「金を払わぁでもええ運動になる」 | トップページ | 御床山上りルートに長浦への分岐を見つけ出す »

2014年2月10日 (月)

岩船岳への陸路西回り未踏ルートに再挑戦

宮島陸路西回りで岩船岳から尾根ルートを前垰へ縦走

天気:晴れのち曇り一時粉雪
気温:3.1~13.1℃
湿度:48~75%
風速(大竹):0.4~3.3m/s

宮島桟橋8:39-植物実験所口9:47-御床浦11:06-御床山分岐11:12~11:22(ロス10分)-崩壊給水管道11:39~12:09(ロス30分)-長浦12:26~12:37(昼食11分)-陸路入口12:39~12:46(ロス7分)-上り口13:12-旧軍施設13:46-御床山14:23-岩船岳14:31-先垰15:59-前垰16:19-大元公園口16:48-宮島桟橋17:22

全行程:20.6㎞ 7時間45分(昼食・ロスタイム除く) 2.65㎞/h
ハイキング:13.5㎞ 6時間3分( 〃 ) 2.23㎞/h
 △(長浦まで):4.9㎞ 1時間59分(ロスタイム除く) 2.47㎞/h 
 ▽(長浦から):8.6㎞ 4時間04分( 〃 )
 2.11㎞/h

 久しぶりの宮島。陸路西回りで岩船岳縦走に、再び挑戦します。前回は、心Imgp1989_editedならずも御床山に上ってしまいました。何とか岩船岳山頂にはたどり着きましたが、しかし結局、長浦には到達することなく、西回り陸路全ルートを歩くことにはならず。それで、今回は、ネットで念入りにルートをチェックしてみましたが、地形図程度の情報のみ。

 そこで、今回は地形図に示されている山道に忠実に歩いて、特に、御床山ルートに入らないよう気をつけることにします。しかし、延々と続く道を思い出すと、できればこのルートを回避したいという気持ちも。「岩船岳から下りる時計回りルートにするか」などと、寝床で考えていましたが、朝になると、やっぱり予定どおり歩くことに。

 少し早めに出発します。しかし、昨日は少しばかり雪模様。朝、西広島駅に向Imgp1990_editedかっていると、新己斐橋の上から見える柚木城山は、予想を上まわって真っ白。列車の窓から見える山々も雪を被っています。一応、アイゼンとスパッツはリュックの中に入れておきましたが、シューズに防水スプレーを施したかどうか、定かな覚えなし。

 フェリーでは、なぜかしら1階に誘導されます。不審に思いつつ入ってみると、改装でもしたのでしょうか、立派な客室がありました。その窓からも見える宮島の山々も白い。出発を待っていると、舟のすぐそばを、サーフボードのような板の上に立ってオールを漕ぎながら、桟橋に入ってくるアングロ人。何と驚いたことに、短パンに裸足です。

つづき:御床山上りルートに長浦への分岐を見つけ出す

関連日誌:懲りずに宮島西コーストから岩船岳へ挑戦

« 鈴が峯歩きは「金を払わぁでもええ運動になる」 | トップページ | 御床山上りルートに長浦への分岐を見つけ出す »

宮島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩船岳への陸路西回り未踏ルートに再挑戦:

« 鈴が峯歩きは「金を払わぁでもええ運動になる」 | トップページ | 御床山上りルートに長浦への分岐を見つけ出す »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ