« 正面登山道は急勾配の上りが続く難儀な道 | トップページ | 七曲りコースは慎重に下りたほうが無難でしょう »

2013年10月16日 (水)

灰が峰展望台からの素晴らしい眺めに感動

灰が峰ハイキング

 そこから、下草の生い茂った道を過ぎると、長くて緩やかな模擬階段Imgp0976_editedがありました。突き当たりにTの字分岐。そこを左へと進むとすぐ、今度は進行方向に、左側への分岐がありました。その方向に植物観察でもしているらしい男性が5~6人いたので、直進することにします。すると、尾根の向こうに出てしまいました。

 予定していたルートと少し違うようです。結局、林道を乗り越えることなく、山頂のドームを南側から迂回して、下草が激しく生い茂った道を歩くことになってしまいました。大丈夫かと思いつつも、最後に急な模擬階段があったので安心。そして、おそらく「七曲りルート」に違いないと思える山道に合流してすぐに、山頂(737m)展望台に到着しました。

 12時前なので、駅から2時間弱かと思いながら、ここでオムスビ昼食にします。Imgp0979_edited気温25.4℃、湿度58%。汗をかいているので、風が吹くと少し肌寒い。来るかなと思っていた、先ほどの植物観察者たちは来たらず。その代わり、クルマやバイクでやってきたカップルなどが、上がってきましたが、何となくあいさつを交わす気になりません。

 それにしても、ここからの眺めは素晴らしい。少し雲がかかっていますが、遠くまでよく見えます。絵下山の東側斜面。その向こうには、広島やまなみコースの山々が低く見えます。呉市街から江田島、音戸、倉橋島や大黒上島。そして、似島、宮島。広の町並みや蒲刈島方面など、さらに野呂山からグルッと回って黒瀬まで見渡すことができます。

 食事を終えて、すぐそばの駐車場に下りてみます。標高差は10mもなさそうなのImgp0983_editedに、景色がずいぶん変って見えるような気がします。もう一度展望台に戻って、真中にある螺旋階段を下りてみます。短いにもかかわらず、目が回りそう。そして、今度は七曲りコースを下りていくことに。しばらく岩階段の急降が続きます。

 すると、ジャージにノンリュックのランナースタイルの男性が下の方で待機しているのが見えたので、急いでそこまで下りていきます。走っているのかと問いかけると、歩いているとのこと。それなら、下で待つこともないだろうと思いますが、どうも応えるときに息を切らせていたようなので、休んでいたのかも。

 さらに、ヤブ戻り道を進んでいると、その道のもうひとつ右側を徘徊している男Imgp0988_edited性。何をしているのだろうと思いながら、チラッと視線を向けると、向こうからあいさつしてきたので、「こんにちは」と返します。そこからしばらく続く、荒れた道を下りていくと、林道に出てきました。残りの下山ルートの入口を探します。

 すると、林道の崖側にある東屋のすぐそばに階段がありました。ところが、何やらたくさんの長い脚を動かして移動する生き物。おそらく、ヤスデでしょう。身体だけでも6㎝以上はありそう。素早く階段伝いに下りています。ズボンの中に入ってこられても困るので、接触しないよう、機をうかがって何とか追い越します。

つづき:七曲りコースは慎重に下りたほうが無難でしょう

« 正面登山道は急勾配の上りが続く難儀な道 | トップページ | 七曲りコースは慎重に下りたほうが無難でしょう »

東広島・呉・熊野」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 灰が峰展望台からの素晴らしい眺めに感動:

« 正面登山道は急勾配の上りが続く難儀な道 | トップページ | 七曲りコースは慎重に下りたほうが無難でしょう »