« 向山登山口は二重構造になっていて分かりにくい | トップページ | 567ピークまでランニング一歩手前の速さで歩く »

2013年9月28日 (土)

強風にもかかわらず窓ヶ山に上るハイカーたち

向山~窓ヶ山縦走

 しばらく南へ下りると、古くなって分かりにくいのですが、「目目ヶ岳→」と読Imgp0802_editedめる表示板のある分岐。ここも当然ながらスルーします。そして、すぐその先に「奥原(?)の岩」。ここから周囲を展望することができます。広島やまなみコースの山々と南には五日市の方面の街並み、さらに西の方を眺めると、ずっと遠くに高く聳えている窓ヶ山も。

 そこから急坂を下りていきます。鞍部にある仏垰は、向山・窓ヶ山コースの尾根の最低部になり、昔は主要な山越えの街道だったとのこと。ここで瀬戸内海を眺めながら、ひと休みしていたとの説明がありましたが、残念ながら、いまでは木が生い茂っているので、とても海まで見ることはできません。

 いちばん低い仏垰から次は、当然上りになります。ササ藪をかき分けながら進みImgp0810_editedます。ピークに乗り上げて下って、さらに上ると584峰に到着。林の間からは、窓ヶ山の双峰がまだ、高々と遠くに見えます。そこから再び鞍部へと下りて、再びピークをいくつか上り下りするうちに、今度は九十九折れの上り坂。

 窓ヶ山近しかと思っていると、また下ります。その次の上りから、かなり段差のある模擬階段に。窓ヶ山へのラスト・クライムに入ったようです。この前下りた魚切東ルートへの分岐を探しながら進みます。一度め、二度めは何の表示もない分岐。三度めにようやく、「五日市方面」の表示板を見つけました。最後の上りに間違いなし。

 しばらく上っていくと、大きな足音。長身の男性ハイカーとすれ違います。今日Imgp0814_editedはじめて出会った人。風が強くても、山を歩く人は自分以外にもいるものだと感心しますが、さすがに窓ヶ山、その後も何組かのハイカーとすれ違うことに。途中の岩場から、今度は向山をチェックしてみますが、木が邪魔をして東方面は見えにくい。

 やがて、気になっている北登山道への分岐。そこを過ぎると、すぐに東峰ですが、西峰への分岐に女性ハイカーが立ち止まっています。あいさつすると、何か恥ずかしそうにモジモジした様子。「おかしいなぁ」と思いつつ、山頂の岩場に向かっていると、おそらく連れらしき男性ハイカーが下りてきました。

 女性の態度は「意味不明」と思いながら、岩場に乗り上げたのが、12時06分。Imgp0820_editedここで昼食をとることにします。気温21.5℃、湿度50%で、心地よし。まだときおり強い風が吹きつけますが、身体が動かされるほどではないので、ポリ袋などのゴミが飛ばされないように気をつけながら、とび出した岩の上で食べます。

 どうも近くで、男性の話し声が聞こえてきます。西峰からにしては近いような感じ。キレットにでもいるのだろうか。食事の後、急坂を下りていくと、鞍部に突き出した岩に、男性ハイカーが2人、山道に背を向けて座っていました。あいさつの声が小さかったのか、振り返ったその内のひとりと目が合いましたが、無視の反応。ほんの少しだけ、ざらついた気持ちに。

つづき:567ピークまでランニング一歩手前の速さで歩く

« 向山登山口は二重構造になっていて分かりにくい | トップページ | 567ピークまでランニング一歩手前の速さで歩く »

西部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強風にもかかわらず窓ヶ山に上るハイカーたち:

« 向山登山口は二重構造になっていて分かりにくい | トップページ | 567ピークまでランニング一歩手前の速さで歩く »