« ゆるい上りや九十九折の下り坂さえも苦痛に | トップページ | 小さなアップダウンを繰り返す北回りコース »

2013年8月22日 (木)

いろいろ考えて似島一周サイクリングをすることに

似島一周サイクリング

天気:快晴
気温(広島):29.1~35.6℃
湿度(広島):48~72%
風速(広島):1.9~4.4m/s

事務所8:18-宇品港8:58~9:21(待機23分)・・・似島港10:10-少年自然の家10:47-長浜自然海浜11:16-11:33(昼食タイム17分)-似島港11:41~13:00(待機1時間19分)・・・宇品港13:39-事務所14:19(推定)

全行程所要時間 4時間2分(昼食および待機時間除く)
《サイクリング》

宇品港往復:5.9㎞×2 40分×2 速度:8.85㎞/h 
似島1周:9.6㎞ 1時間14分(昼食時間除く) 速度:7.78km/h

 連日、猛暑が続くという予報なので、慎重に山を選び、コースを考えます。そこで、Imgp0548_editedこれまで上ったことのない似島の安芸小富士(278m)と下高山(203m)に目をつけました。これくらいの高さなら大丈夫だろうし、疲れに応じて、これに島一周サイクリングを加えれば足りるかも。気にかかる船便がどうなっているのかも、チェックしておきます。

 久しぶりに、このところ忙しい相棒にも声をかけたところ、似島行なので、乗り気に・・・。
 ところが、この前、小屋浦・坂δコース縦走では脱水状態になったので、用心しなければならないと思っていた矢先、気の毒なことに、何処かで高3のアメフト部員が亡くなったとのニュース。練習中の熱中症が原因である可能性が高いとのこと。これはちょっと危ないかも。

 相棒に止めることも含めて相談してみると、どうしても行きたいとのことImgp0554_edited_3
 それで、宇品港まで電車を使うか、山歩きだけにするか、負荷を軽くするためのコースの組換えなど、いといろと検討した結果、今回はあっさりと、島一周サイクリングのみとすることにしました。但し、余力があったら、外方鼻(76m)の急坂だけでも歩きをと、アリバイ的に追加しておきます。

つづき:小さなアップダウンを繰り返す北回りコース

« ゆるい上りや九十九折の下り坂さえも苦痛に | トップページ | 小さなアップダウンを繰り返す北回りコース »

絵下山系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ考えて似島一周サイクリングをすることに:

« ゆるい上りや九十九折の下り坂さえも苦痛に | トップページ | 小さなアップダウンを繰り返す北回りコース »