« 鉾取山見晴広場で出会ったハイカーは地元の人 | トップページ | とても絵下山までコースに入れることはできない »

2013年7月 2日 (火)

591ピーク東側の鞍部から天狗防山ルートへ

安芸アルプス:坂山~鉾取山~金ヶ燈篭山縦走

 前回は、後から出発した男性ハイカーズに追われるように歩いたことを思い出しながら、591Imgp0282_editedピークをめざします。だいたい緩やかな下りなのですが、ときおり少し急な上り。課題として残しておいた、天狗防山ルートへの591ピーク手前鞍部からの道。今回は歩いてみようかなぁ。

 それにしても、ちゃんとした道があるのだろうかと心配しながら進みます。ところが、現地についてみると、びっくり。きちんとした案内表示が立てられているではありませんか。これなら、少し回り道になるかもしれないけど、行かざるをえまい。

 下草が茂っていて、やや幅の細いところもありますが、大丈夫。途中で手に引っImgp0284_edited掛かる草。横目で見たのではっきりとしないのですが、しばらくすると前方にも同じような葉。よく見ると山椒ではありませんか。葉の先をちぎって、鼻に近づけてみるといい香り。幸せな気分に。

 天狗防山ルートとの合流点にも表示板。もやは迷うことはなさそうです。残念ながらここでも再び、カメラは電池容量不足の表示で記録不能。さて、ここから591ピークへは、記憶に残っているハート・ブレイクな急登です。ハァハァ言いながら上ってたどり着いた山頂でも、まだ電池は回復せず。諦めて紙に記録しておきます。

 今度は洞所山、急坂もあるけど、以前のように道を遮っていた倒木がなくなっていImgp0288_editedて、歩きやすい。展望はないけど明るい山頂(641.4m)。200m近く下って新垰へ。さらに目の前に屹立しているのは、てっきり城山かと思っていましたが、いつまで歩いても山頂表示がない。実は566ピークでした。

 山道を下りながらときおり、山の香りがするそよ風を感じてうっとり、癒やされます。さらに古峠を経て、538ピークを上って下りてから、ようやく城山山頂(592.8m)到着です。ここまでの急登・急降に少々くたびれたので、飛び回るハエが少しウルサイのですが、三角点に座ってしばし休憩。

 ここからは、比較的緩やかになります。ナンバーリングされた模擬階段の道。Imgp0289_edited最初の分岐点、いつもながら、狐池方面と縦走路方面の区別がはっきり表示されていないので、ちょっと迷いそうになります。しばらく歩くと、記憶にあった馬の背。ここにあったのかと納得します。

 やがて、階段ナンバーの最終点の赤穂垰に差し掛かります。何となく感じが違うような気がして、そこを行ったり来たりしていると、峠の熊野方面から、杖をついたウォーカーが上ってきました。挨拶を交わしただけ、話しをする気分でもなかったので、直ちに金ヶ燈篭山へ向けて峠の上り坂を進みます。

つづき:とても絵下山までコースに入れることはできない

« 鉾取山見晴広場で出会ったハイカーは地元の人 | トップページ | とても絵下山までコースに入れることはできない »

瀬野川流域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 591ピーク東側の鞍部から天狗防山ルートへ:

« 鉾取山見晴広場で出会ったハイカーは地元の人 | トップページ | とても絵下山までコースに入れることはできない »