« とても絵下山までコースに入れることはできない | トップページ | はじめての窓ヶ山山頂で自らの位置を錯覚 »

2013年7月 7日 (日)

30年の時を越えて窓ヶ山ハイキングに再挑戦

窓ヶ山ハイキング 白川登山口~魚切東ルート

天気:曇り
気温:21.9~24.7℃
湿度:65~80%
風速(広島):1.3~2.1m/s

白川上バス停10:40-白川口10:41-山道入口10:57-576.1峰11:26-西峰12:12~12:24(昼食12分)-おんな岩12:29-東峰12:46-東ルート分岐12:57-滝13:19-丸木橋13:30-魚切東口13:48-魚切上バス停14:08

全行程所要時間:3時間16分(昼食休憩除く) 速度:1.93㎞/h
ハイキングタイム:2時間55分( 〃 ) 速度:1.82㎞/h

 

 週間天気予報の予測最高気温が30℃を越えていたので、全行程10km以下の夏Imgp0322_editedバージョン・コースを歩くことに。そこで、ときどき広島やまなみハイキングルートから眺めながらも、鉄道路線がないことから、これまで敬遠してきた窓ヶ山に、思い切って挑戦です。

 実は、窓ヶ山には30年近く前に挑戦したことがあります。確か、白川登山口から上っていたところ、途中から雨が降りはじめました。当時はガイドブック一冊に頼った山歩きだったためか、相当歩いたような気がしたにもかかわらず、いつまでも森の中。

 なかなか「窓」に至らないので、ルートを間違えたのではとの思いもあって、諦めImgp0326_editedて引き返してしまいました。そして、一旦家に戻り、準備をしなおして、湯来温泉へ行って、暖まって帰った記憶があります。そのときは、ポンコツ・チャンガラですが、自家用車を持っていました。

つづき:はじめての窓ヶ山山頂で自らの位置を錯覚

« とても絵下山までコースに入れることはできない | トップページ | はじめての窓ヶ山山頂で自らの位置を錯覚 »

西部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30年の時を越えて窓ヶ山ハイキングに再挑戦:

« とても絵下山までコースに入れることはできない | トップページ | はじめての窓ヶ山山頂で自らの位置を錯覚 »