« 林道北端の谷は倒木が連なっていて歩けない | トップページ | 麓近くで道が曖昧になってきたけど何とか大丈夫 »

2013年6月 5日 (水)

第17鉄塔から未踏のルートを下りてみることに

牛岩ルートから金明山に上る

 林道から赤白鉄塔まで、大半は急登ですが、道はしっかりしているので、これまImgp0068_editedでと違って安心。ヒノキ林の稜線に乗り上げたところで、緩やかになりますが、今度は、道が定かではなくなります。でも一度通ったことのあるので、何とか方向を読み込みながら進み、赤白鉄塔に到着しました。

 時刻は12時28分。岩場まではまだ距離があります。おそらく向原町と思われる方向に田園風景が楽しめるので、ここで昼食をとることにします。無数のクマンバチが頭上をブンブン飛び回ってうるさいのですが、この前の白木山と同じく、風が穏やかで暖かい。いつもより気持ちだけゆっくりめに休憩します。

 そして、金明山山頂へ向けて出発。前回は、左の道なき道から出てきたので、中Imgp0069_edited央部に開いている取り付きから、まっすぐ山道に入ってみます。すると、林道を越えてすぐ、森の中のピーク(735m)に到着。どうやら予想どおり、三叉路の正面の道だったようです。そのまま留まらずに、若干藪化している道を下りていきます。

 小川を越え、コブを上り下りして、さらに少し急坂を上ると、「城跡」に出ます。確か小さな表示があったはずと探してみましたが、あまりに広いので見つけられませんでした。そこから、今度は急坂を下りて、若干上ると、652ピーク。そしてすぐに岩場に到着です。ここから志和堀の水の入った広い田んぼを眺めながら、ひと息つきます。

 岩場を下りて、緩やかに上ると、森に到着。最初に来たときは未知の山、残Imgp0074_edited雪で全身ずぶ濡れになって、「早よ帰りたい」と思いつつ、震えながらここで昼メシを食うたんじゃと、大きな倒木を眺めて振り返ります。ここからは、やや急な下り坂がしばらく続きますが、そのまま第17鉄塔に到着します。

 サイトを見ると、第18鉄塔まで行って、道なき斜面を下りる体験談が掲載されていましたが、地図をチェックしてみると、17鉄塔からは山道が下りているように記載されています。そこで、今回はこの道に挑戦してみることにします。取り付きがなかったり、道が途切れていれば、遠回りでも元にルートに引き返すつもりです。

 おそるおそる鉄塔の北側へと行ってみると、道がありました。下りてみることImgp0077_editedにします。道路から鉄塔を見あげたときの急勾配の尾根が見えますが、それをはずさないように走っている急坂。ころげないよう、木をつかみながら下りていきます。途中藪戻りしかけているところもありますが、何とか道は続いていました。

 麓が近づくにつれ、九十九折れになってきます。さらに下ると、それだけでなく、だんだん曖昧になってきて、林との区別がつきにくくなってきました。それでも、何とか林を潜りぬけて、林道のような広い道に抜け出します。地図では下りながら、少し南へ戻ることになっていますが、西側の麓を眺めると、まだかなり高いところ。

  つづき:麓近くで道が曖昧になってきたけど何とか大丈夫

« 林道北端の谷は倒木が連なっていて歩けない | トップページ | 麓近くで道が曖昧になってきたけど何とか大丈夫 »

東広島・呉・熊野」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第17鉄塔から未踏のルートを下りてみることに:

« 林道北端の谷は倒木が連なっていて歩けない | トップページ | 麓近くで道が曖昧になってきたけど何とか大丈夫 »