« 帰りの列車で赤上着ハイカーと思わず山談義 | トップページ | きれいに整備された針葉樹林で少し迷いそうに »

2013年5月 4日 (土)

芸備線狩留家駅から山陽本線瀬野駅へ山を歩く

高鉢山~長者山縦走

天気:晴れのち曇りのち雨
気温:14.5~20.1℃
湿度:46~60%
風速(三入):3.8~5.6m/s

狩留家駅9:57-狩留家口10:13-705.8峰11:16-志和・湯坂垰分岐11:21-湯坂垰口12:06-500峰12:23~12:34(昼食11分)-536.6峰12:48-展望斜面13:04-送電鉄塔13:10-長者屋敷跡13:33-612.7峰13:41-長者山14:14-ミノコージ垰分岐14:50-みつぎ口15:11-スカイレールみどり中央駅15:35

全行程所要時間:5時間27分(昼食時間除く) 速度:2.18km/h
ハイキングタイム:4時間47分( 〃 ) 速度:1.92㎞/h

 芸備線・狩留家駅から出発し、高鉢山から尾根伝いに長者屋敷跡、長者山へと進み、山陽本線Imgp9782_edited・瀬野駅に至るコースに挑戦します。朝、気持ちよく晴れていましたが、出かけるときは日差しが少し鈍い感じに。予報では夕方から雨ということになっているので、先行き不安な空模様です。

 狩留家駅北から東に向かって県道を過ぎると、民家の間を縫う谷川沿いの急な坂道。しばらく歩いて、林道を越えたところで、登山口に到着します。案内テープに導かれながら、谷を進むと、やがて道はほぼ斜面に近い状態になります。

 気をつけて、できるだけ九十九折気味に歩きますが、不覚にも一度だけ、Imgp9786_edited両足が1m近くズルズルと滑ってしまいました。日ごろの体幹トレーニングを活かして、腹が地面につかないように踏んばりますが、両掌は泥だらけに。

 谷道から尾根道に乗り上げると、山頂まで40分の表示。まだまだ急登が続きます。道の傍に黒っぽいシマヘビが横たわっているのを発見。今春はじめての対面。まだ身体が十分温まっていないのか、写真を撮っている間もじっとして動きません。それでも跨がず、避けて通ります。

つづき:きれいに整備された針葉樹林で少し迷いそうに

« 帰りの列車で赤上着ハイカーと思わず山談義 | トップページ | きれいに整備された針葉樹林で少し迷いそうに »

三篠川流域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸備線狩留家駅から山陽本線瀬野駅へ山を歩く:

« 帰りの列車で赤上着ハイカーと思わず山談義 | トップページ | きれいに整備された針葉樹林で少し迷いそうに »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ