« 長浦をめざしていたのに御床山へ上ってしまう | トップページ | 白木山連山縦走 可部から上三田への再挑戦 »

2013年5月25日 (土)

谷川ルートから先垰への上り道は何とか克服

宮島西コーストを陸路 岩船岳へ

 眺望岩の「定位置」で、こんどこそ昼食にします。遠方は霞んでいますが、Imgp9974_edited南にボゥッと見えているのがおそらく、このまえ絵下山からの眺めで話題にのぼった大黒神島。そして、久しぶりに握り飯を食べながら、帰路をどうするが考えます。

 あての木浦までのルートを通ることができなかったのだから、尾根ルートをまっすぐ帰ったのでは面白くない。そこで、まだ先垰への最後の上りを、まともなルートとして歩いたことのない谷川ルート通ることにしました。それに、起伏が小さい。

 岩船岳からの急降を、シダ藪に噛み付かれながら下りて、青海苔浦分岐からImgp9976_edited牛馬道を下ります。だんだん雨足が強くなってきました。リュックのカバーを引っ張り出し、ウインドブレーカーを羽織ってフードを被って歩きます。

 雨が落ちていますが、日が差してきましたから、やはりそう長くは続きません。谷川ルートはバラエティに富んでいて、道が細くなったり広くなったり、まさに人工物が崩壊して、野生に戻りつつある感じ。シダ藪が続くところもあって、雨露がズボンを濡らします。

 ルートに入ってしばらく歩くと、分岐に出くわしますが、藪が深くなりそうな右の道を回避して、確かこちらだったと川沿いの左を進みます。やがて、その選択が正しかったことImgp9977_editedが証明され、高安が原に。そして、いよいよ先垰への分岐に到着します。

 ここからは、道が曖昧なのでテープやリボンを確認しながら、注意深く進みます。一旦、尾根に上ってそのまま歩いていくと、下りたつもりはないのに、いつのまにか右側の谷道。そこから迷うわないように、さらに慎重に歩く必要があります。

 林の小さな「広場」から、正面の斜面をテーピングに従って、九十九折に上ります。道なりに上ったつもりでしたが、乗り上げたのは先垰の手前、この前チェックしておいた合流点でした。先垰まで進んで取り付きから見おろしてみると、すぐ近くで進路を間違えたよImgp9981_editedうです。

 先垰から多々良林道まで下りて、谷川を越え、さらに前垰へ。大元登山口までは、何度も歩きますが、やや複雑なところもあるし長い道程。途中で、尻の白い毛が異様に目立つシカを見かけます。繁殖期だからでしょうか。こちらの動きを見ながら跳ねて、距離をおきます。

 水族館あたりから、少しずつ観光客が増えてきて、その渦に巻き込まれますが、何とかマイペースの歩行速度を維持。フェリーも増便しているそうですが、次の便が来Imgp9970_editedるまで、立って並ぶことに。ベンチでデータの書き出しなどする余裕はありません。

 後ろの方に並ぶことになったにもかかわらず、フェリーでは3階の吹きさらし席に座ることができ。さらに上り列車も、4両編成の上、ホームには人がいっぱいだったにもかかわらず、もともと乗客が少なかったのか、幸いなことに座ることができました。(了)

« 長浦をめざしていたのに御床山へ上ってしまう | トップページ | 白木山連山縦走 可部から上三田への再挑戦 »

宮島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷川ルートから先垰への上り道は何とか克服:

« 長浦をめざしていたのに御床山へ上ってしまう | トップページ | 白木山連山縦走 可部から上三田への再挑戦 »