« 子どもを抱いて火山に上る「強靭な」男性ハイカー | トップページ | 岩コブから展望する素晴らしい田園風景 »

2013年3月21日 (木)

金明山であることを認識してルートを辿る

金明山縦走

天気:快晴
気温:7.4~14.6℃
湿度:35~54%
風速(三入):1.2~2.5m/s

志和口駅9:53-無人販売所口11:13-第18鉄塔11:39-第17鉄塔11:54-稜線の森12:04-岩コブ12:12~12:28(昼食16分)-652峰12:33-城跡12:44-金明山12:57-霜柱林道13:07-13:17(ロス10分)-第15鉄塔13:20-ヘアピン林道取り付き13:42-ピーク13:49-鞍部14:00-朽ち果て林道口14:56~15:07(ロス11分)-志和口駅16:05

全行程所要時間:5時間35分(昼食・ロス除く) 速度:2.97㎞/h
ハイキングタイム:3時間17分( 〃 ) 速度:1.71㎞/h

 山稜が白く染まっていた日、鎌倉寺山のつもりで上ってしまった金明山。Imgp9487_editedどうも登山口までが遠い、地図と位置が違う。しかも、うわさに聞いていた稜線の岩場が少ないなどと思いつつ、湿った残雪の中を歩きました。

 今回は、上るのは金明山と地図でもはっきりと確めて、この前の足跡をたどりながら、正規のルートをチェックすることにします。無人販売所登山口までの距離が、鎌倉寺山の牛岩西端口までの1.5倍なので、早めの列車で出発。

 芸備線では、すべての駅に停車する普通列車。そのため、少し時間がかかります。狩留家駅では、小さなリュックを背負ったハイカー風の男性が下車。白木山駅ではハイカーの姿を見ませんでしたが、登山口に続く道路には、ズラリと自動車が留まっています。Imgp9542_edited

 目的の志和口駅では、前にひとりドイターのリュックを背負って、手提げ袋を 持ったハイカーらしき青年。こちらが駅で用事を済ませている間に、先に行ったようですが、小越の交差点で信号待ちをしているところに追いつきます。(右の写真は、牛岩から見た鎌倉寺山)

つづき:岩コブから展望する素晴らしい田園風景

« 子どもを抱いて火山に上る「強靭な」男性ハイカー | トップページ | 岩コブから展望する素晴らしい田園風景 »

東広島・呉・熊野」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金明山であることを認識してルートを辿る:

« 子どもを抱いて火山に上る「強靭な」男性ハイカー | トップページ | 岩コブから展望する素晴らしい田園風景 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ