« 山の向こうも山だろかの心配は長者屋敷跡まで | トップページ | スリル満点の岩場が続く鎌倉寺山縦走路 »

2013年2月25日 (月)

前回間違えてしまった鎌倉寺山へ再挑戦

鎌倉山縦走コースに再挑戦

天気:曇ときどき晴のち晴
気温:9.1~16.9℃
湿度:36~60%
風速(三入):0.0~2.8m/s

志和口駅10:44-牛岩口11:34-474峰12:16~12:27(昼食休憩11分)-537峰13:05-鎌倉寺山13:40-林道口14:32-志和口駅15:04

全行程所要時間:4時間9分(昼食休憩除く) 速度:2.29㎞/h
ハイキングタイム:2時間47分( 〃 ) 速度:1.19㎞/h

 この前、鎌倉寺山のつもりで苦労して上った山は、実は金明山。積雪残るImgp9283_edited 道なき道をさまよい、辛い思いもしました。今回はそのリベンジとして、鎌倉寺山に再挑戦することに。志和口駅から関川に沿って南へと進みます。

 自動車の通行量は前回と変わりませんが、大型貨物車は少ないような感じ。ラーメン屋「たんぽぽ」をめざして歩きます。この前の半分くらいになりますが、ある程度の距離。この前は、牛岩地域へ入る道にはまったく気づかす、通り過ぎていました。

 今回は、準備した地図にもよく注意しながら、現地でも、牛岩に上る細い道路をちゃんと確認して進みます。これはほとんどクルマの通らない道。しばらく歩いていくと、対面する道路に鎌Imgp9285_edited倉寺山登山口の案内表示がありました。

 登山口には、双リボン。地形図では、等高線が詰まっていたので、急勾配の予測はしていましたが、歩いてみると予想どおり、入口からいきなり急な坂道。「よしッ、これが鎌倉寺山ルート」と気合を入れて、上りはじめます。

つづき:スリル満点の岩場が続く鎌倉寺山縦走路

« 山の向こうも山だろかの心配は長者屋敷跡まで | トップページ | スリル満点の岩場が続く鎌倉寺山縦走路 »

三篠川流域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前回間違えてしまった鎌倉寺山へ再挑戦:

« 山の向こうも山だろかの心配は長者屋敷跡まで | トップページ | スリル満点の岩場が続く鎌倉寺山縦走路 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ