« 雪のち晴れときどき曇り一時雪または粉雪 | トップページ | 三ツ丸子山第一峰にある命令口調の山頂表示 »

2013年1月15日 (火)

想定外の前垰山ピストンルートをよじ登る

Imgp8888_edited前垰山・先垰山・三ツ丸子山縦走

 大元公園からの上り道にある分岐に、確か岩船岳方面への表示板があったような覚えがありますが、どうも見当たりません。もっと上の方だったかもしれません。しかし、記憶があまり当てにならないので、最初の分岐らしきところを右へと進みます。はじめのうちは広くて歩きやすかったのですが、やがて倒木が多くて、少し藪戻りしたところもある道に。

 鞍部に出たところで、「前垰山」への表示を発見。今回、三山縦走をするつもりでしたが、考えてみれば、どの山がどこにあるのかはっきりと確認していませんでした。地図には山名が記載されていません。いわば成り行きまかせ。この方向へ行くと、まさかそのまImgp8889_editedま先垰山へ進むルートもないでしょうから、縦走路から外れたピストンルートになる恐れあり。

 しかし、前垰山をパスするわけにも行くまいと思ったので、とにかく歩を 進めてみます。シダ藪戻りした急坂の連続。木を持って上らなければならないところもある難所。苦労して上りましたが、山頂(423m)の展望は、まばらに生えた木に遮られて今ひとつ。そして、粉のような雪らしきものがハラハラ。端っこに大元公園への下山口がありましたが、無視します。

 分岐のあった鞍部への引き返しを下りてゆきますが、なかなかたどり着きません。結構長い道程を上ってきたものです。ようやく、戻ってさらに進むと、焼けた山ルImgp8900_edited ートとの合流点に着きました。確かこの前奥の院ルートを歩いたときに通ったところ。ここから多々良林道までは見覚えのある道です。日当たりの良いところで、昼食にします。

 多々良林道へ出る前にある谷川、勢いよく水が流れています。滑らないよう慎重に石の上を渡ります。乗り上げた林道のすぐ対側に表示板があり、岩船岳方面への登山口が開いています。はじめは小さな谷川そのものを歩きますが、やがて斜面に乗り上げてまともな山道になります。

 しばらく歩くと、岩船岳、奥の院分岐。その手前に先垰山への分岐がありました。Imgp8901_edited若干心もとない道ですが、すぐにコブ岩に上りつきます。さらにもうひとつコブを乗り越えて、最後の急坂を上ったところに先垰山山頂(402m)らしきところ。しかし、山頂表示がないので、もうひとつ 確信が持てません。地図と周囲の山の状況から判断します。

つづき:三ツ丸子山第一峰にある命令口調の山頂表示

« 雪のち晴れときどき曇り一時雪または粉雪 | トップページ | 三ツ丸子山第一峰にある命令口調の山頂表示 »

宮島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 想定外の前垰山ピストンルートをよじ登る:

« 雪のち晴れときどき曇り一時雪または粉雪 | トップページ | 三ツ丸子山第一峰にある命令口調の山頂表示 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ