« 『広島市の山を歩く』を見ていたハイカー | トップページ | 下山は「残り」ルートと思わずに歩いた方が無難 »

2012年12月10日 (月)

己斐垰縦走路にスズメバチの巣は見当たらず

ガガラ山~鈴が峯西峰縦走Imgp8679_edited

 忠告を受けたスズメバチの巣にどう対処するか。そういえば 、去年だったか、武田山山頂でスズメバチが脇の間を通り抜けたけど、「何ともなかったぜぃ」。自然体で、不要に刺激しないことが一番などと考えながら、近づいた己斐垰。

 それでも少しばかり気を配りながら歩きましたが、大茶臼山からの下り道にも、柚木城山への上り道にも、スズメバチハイカーの指摘した巣らしきものは見あたりませんでした。結局、「伴垰の二匹のマムシ」と同じ類の話でしょうか。Imgp8680_edited

 柚木城山ルートもほとんど人の気配がないので、誰にも会わないのかと思っていましたが、山頂近くで、女性ハイカーとすれ違います。しばらくして、そのときから気配を感じていた先行者に追いついてしまいます。ゆっくりと歩いている男性ハイカー、挨拶して追い越させてもらうことに。

 山頂(339.4m)につくと、きれいに下草が刈られていて、何と、木の枝を束ねたベンチが造られています。おまけに、掘っ立て小屋の骨組みのようなものまで。さっそくリュックをベンチに置いて、そばで休んでいた夫婦ハイカーに、用途をたずねてみましたが、もちろん分かImgp8682_editedらない様子。

 彼らは、山頂の木々に留まる鳥をウォッチング していました。そこで、前回の順コース縦走で見かけたノスリとカメラハイカーの話をします。話の流れから、なぜかしら「縦走中」ということに及びます。そこへ先ほどの先行させてもらったハイカーが登頂してきました。さっき挨拶したばかりなので、会釈で済ませますが、大きなリュックを背負っていたのが印象的。

 南西側の下り道にも、驚いたことには手すりが作られています。次の鉄塔南側Imgp8681_editedの雨水路のような道と、そこからしばらく進んだ急坂にも模擬階段。ありがたいことに、地元の人が造ってくれたのか、それとも、宅地造成の関係でしょうか。さらに、315峰の山頂北側ルートのシダ藪もきれいに刈られていて歩きやすいこと。 

 315峰山頂ベンチで靴紐を調整し終わってまもなく、柚木城山で追い越したハイカーが上ってきました。さっき追い越し際の速度からするとずいぶん速い。夏以外のシーズンには何度か上っているというので、藪が刈られていたことに気がついたかどうか。柚木城山の造成と関係があるのかなどと話しかけてみますが、何となく返ってくる答えが鈍いImgp8684_edited

 話を聞いてみると、呉から来て、大町から東峰までのやまなみコースを縦走しているとのこと。それで地元のことには、あまりピンとこなかったのかもしれません。「気をつけて」と激励しあって、先に鬼ヶ城山へ向かって下りて行きます。追われる立場になってしまったので、気持ちだけ速めのマイペースで進みます。

つづき:下山は「残り」ルートと思わずに歩いた方が無難

« 『広島市の山を歩く』を見ていたハイカー | トップページ | 下山は「残り」ルートと思わずに歩いた方が無難 »

やまなみコース縦走」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 己斐垰縦走路にスズメバチの巣は見当たらず:

« 『広島市の山を歩く』を見ていたハイカー | トップページ | 下山は「残り」ルートと思わずに歩いた方が無難 »