« 上三田駅から腕時計探しの安駄山歩きに出る | トップページ | 探しものは落葉の中に深く埋もれてしまったか »

2012年11月21日 (水)

急勾配の斜面は下りより上りの方が歩きやすい

安駄山~高鉢山縦走

 国道から、南へ入るとすぐ東側の丘の上に神社。鳥居には「若宮社」Imgp8545_edited の表示があります。そのすぐそばを上がっていくと、林道に交差。何となく、前回よりここまでの距離が短かったような気がしたので、地図とコンパスで確認して、右へと進みます。他には誰も通らない静かな林道。

 しばらく進むと、林道が急に南西方向から南へと急に折れ込みます。そして、山道を含む四差路に到着。そこから、工事用資材と車輌を置いてあるところを過ぎて、緑のトンネル、さらにガレが多いけど幅広い山道を進むと、ヘアピンカーブに差し掛かりました。放置されているコメの計量器が目印です。Imgp8551_edited

 ヘアピンの曲がり角で水分補給をしていると、谷側沿いにあるガレ道を見つけました。気が向いたので、今回はこの前下りた取り付きからではなく、そこから上ってみることにしました。しかし、しばらくは、踏み跡らしきものや、そして案内リボンのようなものもあったのですが、だんだん定かでなくなってきます。

 引き返すかとも思いながらも、諦めきれず道らしきものを辿っていましたが、ついに、まばらな藪に。そこで今度は、山道をめざして、藪をこいで上がります。するとすぐ上Imgp8555_editedに例のガレ山道。そして折り重なった倒木。そこから谷川を振り返ってみると、歩いて来れそう。それでも、この道を通ったことで、危うい木橋は巻いたようです。

 それから、苔むした岩道に。ここは思っていたほど勾配はきつくありませんでした。さらに斜面の急登に差し掛かります。しばらく進んでいると、道が消えてしまいました。見渡しても案内テープが見当りません。それでも、その内あるはずと思いつつ上りますが、いつのまにか斜面そのものを這い上がっている状態に。

 すると、上のほうでカサカサッと何やら動く気配がします。ハイカーが下りてきたImgp8560_editedのかとも思いましたが、どうも違う。左から右へと横に長いものが、小走りに移動している様子。しかも二体。はっきり確認できませんでしたが、ぼんやり見えた体色と大きさから考えると、キツネだったかもしれません。

 彼らが走り抜けたスペースは、ひょっとしたら山道ではなかろうかと、そこまで上がって確かめてみましたが、数メートルで行き詰る空きスペースといったところ。進路を誤ったようなので、戻って谷へ下りてみます。そこで見渡してみると、ひとつ東側の斜面の木にテープが貼られているのを発見して安堵。

 しかし、そこからもガレ場急斜面の難路が続きます。そして、もう少しで稜線に乗Imgp8562_edited_3り上げるかというところで、ガラガラと耳に心地良い音を響かせたハイカーが、「身体を滑らしながら」下りてきました。半パンとロングソックスにステッキ。素早い動きは何となく軽装にみえます。

 それでも、「この道を下るのは大変ですぜ」という共感を 交し合います。どこから歩いてきたのですかたずねてみると、高鉢山から上ってきたとのこと。まだ昼前なのに。ずいぶん早く出発したのか、それとも見かけのように、時おりダッシュするトレイルランナーだったのか。

つづき:探しものは落葉の中に深く埋もれてしまったか

« 上三田駅から腕時計探しの安駄山歩きに出る | トップページ | 探しものは落葉の中に深く埋もれてしまったか »

三篠川流域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 急勾配の斜面は下りより上りの方が歩きやすい:

« 上三田駅から腕時計探しの安駄山歩きに出る | トップページ | 探しものは落葉の中に深く埋もれてしまったか »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ