« 千丈の高さにもみえるほど屹立した岩 | トップページ | 不動院登山口には「健脚コース」の表示 »

2012年9月25日 (火)

牛田山 少し歪めた東西南北ルートを歩く

牛田山 東西南北

天気:晴れのち曇り
気温:24.3~17.1℃ 湿度46~56% 風速1.2~4.3m/s

不動院前駅10:06-不動院10:08~10:19(見学タイム11分)-不動院口10:27-不動院分岐10:43-牛田山分岐10:47-牛田山11:06~11:29(昼食休憩23分)-戸坂南分岐11:40-戸坂南口11:50-城山口12:27-桜上ルート合流12:35-くるめ木ルート合流12:38-牛田旭分岐13:03-見立山13:20-牛田旭口13:35-牛田駅13:53

全行程所要時間:3時間13分(昼食・見学時間除く) 速度:3.17㎞/h
ハイキングタイム:2時間8分( 〃 ) 速度:2.48㎞/h

 二葉山からの縦走ルートを歩いたとき、牛田山から不動院口ルートを下りながImgp8227_editedら、不動院をスルー。その後、何やら古い建造物があるということを聞いたので、一度立ち寄ってみたいと思っていたところです。そこで今回は、ルートのはじめに不動院を入れることにしました。

 そして、もうひとつの目的は、二ヶ城山・松笠山から縦走したとき、「戸坂南口」をめざしながら、別の不整備ルートに至る取り付きから上ってしまったので、今回はその戸坂南ルートを下りて確認することです。さらに戸坂城山ルートから、もう一度牛田山へ上がることに。Imgp8222_edited

 不動院はアストラムライン・不動院前駅からすぐです。大きな古い建物は金堂。安国寺恵瓊が周防山口から移転させたとのこと。国宝に指定されています。この大きなものをどうやって移転させたのでしょう。おそらく当時のことですから人海戦術でしょうが、大変な作業だったのでは。

 不動院を出て、下りたときと違う道なので、地図を頼りに登山口を探します。地図に忠実に歩くと、道が階段になったところに差し掛かります。案内表示を横に階Imgp8226_edited 段を上っていると、だんだん思い出してきました。上り詰めたところにある家の子どもからこんにちはの挨拶、返事をすると、車を洗っていた父親からも挨拶。それ にも応えて、山道に入ります。

つづき:不動院登山口には「健脚コース」の表示

« 千丈の高さにもみえるほど屹立した岩 | トップページ | 不動院登山口には「健脚コース」の表示 »

太田川東流域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牛田山 少し歪めた東西南北ルートを歩く:

« 千丈の高さにもみえるほど屹立した岩 | トップページ | 不動院登山口には「健脚コース」の表示 »