« 502峰から弥山へ そして四宮ルートを下りる | トップページ | 貧者が長者山直登ルートに挑戦する »

2012年9月17日 (月)

はじめてスカイレールに乗ってみる

長者山直登ルートハイキング

天気:曇りときどき晴れ
気温:24.6~34.1℃ 湿度:69~52% 風速(広島):3.1~4.1m/s
(今回から温湿度計で計測)

みどり中央駅10:21-立石口10:48-鉄塔11:20-展望岩11:36-長者山11:44~12:04(昼食休憩20分)-千丈岩12:23-鉄塔12:33-ミノコージ垰12:43-太古場12:53-みつぎ口(道路)13:22-みどり中央駅13:39

全行程所要時間:2時間58分(昼食休憩除く) 速度:2.39㎞/h
ハイキングタイム:2時間14分( 〃 ) 速度:1.66㎞/h

 今回は長者山に挑戦。当初、瀬野駅から報復する11㎞以上の行程を歩くことImgp8174_editedにしていました。しかし、日中は真夏日の気温、そのうえ左脚の水疱の傷跡が完治していません。できれば身体への負担を少なくしたいと思いながら、サイトを見ていたところ、スカイレールを利用する手段があることに気付きました。

 ロープのないロープウェイ、レールウェイといった方が分かりやすいかもしれません。これまで縁はないものと思っていましたが、これなら3分の1ほど歩く距離を短縮できます。瀬野駅の高架を下りずに、そのまま歩いていくと、空いた籠が停まっていたのでImgp8179_edited、乗り込みます。無人なので運転手も車掌もいません。

 他に乗客もいないので、このままで良いのか不安になりましたが、しばらく座って待っていると若い男女2人組みが入ってきて、そして出発のアナウンス。初動で大きく前後に、そしてカーブで少し揺れますが、動いている最中は比較的安定しています。確かに快適ですが、費用対効果という点ではマイナスの印象。

 次第に上がってくると、南側には鉾取山など安芸アルプス連山がよく見えますImgp8181_edited。眼下には、高城山の取り付き探しに苦労した「みどり坂小学校」も。景色を眺めていると、一気にみどり中央駅に到着です。そして、駅前から続く緩やかな勾配の緑地帯を上っていきます。一緒に乗った、2人組みが後から着いて来ます。

つづき:貧者が長者山直登ルートに挑戦する

« 502峰から弥山へ そして四宮ルートを下りる | トップページ | 貧者が長者山直登ルートに挑戦する »

瀬野川流域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめてスカイレールに乗ってみる:

« 502峰から弥山へ そして四宮ルートを下りる | トップページ | 貧者が長者山直登ルートに挑戦する »