« 貧者が長者山直登ルートに挑戦する | トップページ | 牛田山 少し歪めた東西南北ルートを歩く »

2012年9月19日 (水)

千丈の高さにもみえるほど屹立した岩

 長者山山頂、景色を眺めながら昼食をとります。気温は27.6℃ 湿度は52%、そよImgp8200_edited風が吹いて心地よし。西方面への縦走路を確認して、ミノコージ垰へ向けて出発します。山頂からの下りは、先ほどの直登ルートに負けず劣らずの急坂。ところどころに補助ロープがあるほどです。

 50mほど下りると、しばし稜線の緩やかな尾根道が続きます。途中で鉄塔から、この縦走路へ向かう道を確認。そして、再び上って千丈岩(555m)に到着します。山頂に置かれている表示板に「千畳岩」との表記もあります。それにしても「千じょう」とは・・・、その高さ(1丈=3.03m)はないし、そしてその広さでもない。Imgp8203_edited

 おそらく、山の上に突き出しているから、高さを誇張して名づけたのでしょう。「千畳」の方は、まったくイメージできませんから、音を聞き違えたのではと思います。さらに、西側にある次のコブの方が、見た目も歩いた感じも、千丈岩より標高が高いような気がしますが・・・。テェゲェか?

 そこから鉄塔まで歩いて、今度はミノコージ垰まで下ります。ミノコージ垰からは、Imgp8204_edited南側の谷を進んで行きます。巨大な倒木と道らしからぬ道。水が染み出しているところを跨いだり、落ち葉に滑ったりしながら、テーピングに助けられて進みます。これといった特徴もない太古場という表示のあるところに到着。

 しばらく歩くと、斜面に見えるところも含む尾根に沿った道に出てきます。ここまでくると、ついにクモの巣きり仁左衛門がフル活躍することに。それは登山口の表示板がある、ぎりぎりのところまで続きました。墓地を過ぎた林の手前で着替え。夏はImgp8209_edited面倒です。

 道なりに低い方へと歩きます。車道への出口にも「みつぎ登山口」の表示がありました。少し道路を西へ戻り、立石川の小さな橋を渡って、旧道に戻ります。 緩やかな上り坂を歩いてみどり坂へ。また緑地帯を通って、みどり中央駅からスカイレールの籠に乗ると、まもなく出発して、瀬野駅へ。(了)

« 貧者が長者山直登ルートに挑戦する | トップページ | 牛田山 少し歪めた東西南北ルートを歩く »

瀬野川流域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千丈の高さにもみえるほど屹立した岩:

« 貧者が長者山直登ルートに挑戦する | トップページ | 牛田山 少し歪めた東西南北ルートを歩く »