« 雨上がりの大聖院ルートはワイルドだぜ | トップページ | 中倉神社から上るショー暑い半日 »

2012年8月18日 (土)

さすが世界遺産の山 真夏でも多国籍

 目前に弥山山頂というところで、下りてきた男性2人組みのハイカーに、Imgp8080_edited 「消えずの火」の場所をたずねられます。こちらと同じく大聖院ルートから上ってきたというこことなので、一旦、山頂へ戻って、東側通路から下りたところにあることを説明。引き返して、下り道を見つけたようで、笑顔で分かれます。

 それにしても、弥山にはやはり外国人が多い。展望台で眺めてると、スペインかポルトガルか、南欧らしき言葉を話す10人余りの集団が上がってきました。おそらくロープウェイ組みでしょう。集団で固まっているので、残念ながら、声をかけることができませんでした。

 よせばいいのに相棒は、この景色を眺めながら食べてみたいと、割高のかきImgp8081_edited氷を購入。美味いけどカップが小さいと文句を言いながら、食べていましたが、やがて、寒気を覚えたのか、残り四分の一ほどのお鉢がこちらに回って来ることに・・・。ここでも、しばらく休んで下山にとりかかることに。

 山頂からの下りは、いつものように通行人が多くて難儀。「消えずの火」のある霊火堂をのぞきます。周辺には、大聖院のとよく似た子供の「地蔵」。弥山本堂の南側の断崖にも行ってみます。右手に見えるのは502峰でしょうか。何と奥の院らしき建物まで、荷物用のロープウェイが設置されていました。Imgp8084_edited_2

 そこから、もみじ谷分岐までの標高差100m余りの下りも、ロープウェイの客でごった返します。靴を見ればハイカーかそうでないかは、だいたい判別できます。事前調査が不十分だったのか、中には少し高めのヒールを履いている人もいました。ちょっと歩きにくそうですし、危ない。

 分岐からは、わがグループがほぼ独占状態。それでも、ときおり出会うのは、外国人ハイカー。案内板をさして「イッペリーノ・・」とか?イタリア語らしき言葉を発している女の子を連れたハイカーも。何語をしゃべっていようと弥山。日本語で「こんにちは」と声をかけると、ちょっと恥ずかしそうに応えてくれます。Imgp8088_edited

 ときおり、山道を交差している谷川支流に手を潤して、冷たさを計ります。気持ちよし。大半を占める急な模擬階段の道を過ぎて、ところどころ勾配も穏やかになりながら、もみじ谷に到着。もみじの青葉がきれいです。下山口のベンチ付近や川にもアングロサクソンと思われる数人が、ゆったりと過ごしていました。

関連日誌
雨上がりの大聖院ルートはワイルドだぜ

« 雨上がりの大聖院ルートはワイルドだぜ | トップページ | 中倉神社から上るショー暑い半日 »

宮島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さすが世界遺産の山 真夏でも多国籍:

« 雨上がりの大聖院ルートはワイルドだぜ | トップページ | 中倉神社から上るショー暑い半日 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ