« 観音堂跡口へ下りる | トップページ | 柚木城山西ルートでまた泥沼に足を突っ込む »

2012年6月14日 (木)

鈴が峯東峰山頂にはクマンバチが乱舞

315峰・柚木城山山頂を除くやまなみハイキングショートコース逆縦走

天気:晴れのち曇りのち快晴
行動時間帯の気温:23.7~29.3℃ 風速:2.2~4.2m/s

新井口駅9:06-憩の森口9:21-鈴が峯東峰9:43-鬼ヶ城山10:19-正向寺分岐10:38-霊泉寺口10:57-h字型分岐11:15~11:23(ロスタイム8分)-二重鉄塔11:48-展望岩12:29~12:45(昼食休憩16分)-大茶臼山12:51-丸山13:32-火山14:30-武田山15:20-花みずき台口16:16-古市橋駅16:36

全行程所要時間:7時間6分(昼食休憩、ロスタイム除く) 速度:2.54㎞/h
ハイキング時間:6時間31分( 〃 ) 速度:2.30㎞/h

 6月の広島やまなみコース縦走の日。今回は鈴が峯からの逆縦走です。この前の探索で課題になっていた柚木城山の西側ルート、早速検証してみること。梅雨入り早々の晴れ間らしく、少し暑い一日。それにもかかわらず、ホトトギスがさえずる縦走路の森では、たくさんのハイカーに出会いました。Imgp7660_edited

 専門学校の校舎で何か資格試験でもあったのか、西広島駅で下りる人が多い。発車ベルが二度も鳴るほどです。そのためか、新井口駅からの出発も少し遅れたような気がします。但し、ホームに降りたのが列車の西端に近かったので、改札口を出るまでに手間取ったのも確かです。

 鈴が峯憩の森登山口から上がろうとしていると、中学校の校門のそばに集まって騒いでいた10人ほどの生徒が、坂をこちらに向かってきました。制服姿だから、山歩きではないかもしれませんが、しかしこの山の場合、普段着ハイキングの可能性は切り捨てがたい。

 そのため、入口でと思っていた山歩き体勢への準備を中止して、そのまま上がることにしまImgp7666_editedす。ところがやはり、彼らの目的は別にあったのか、その後しばらく進んでいると声が聞こえなくなりました。そこで、二番目の砂防ダムの上がり口で、下りてきた二人のハイカーをやり過ごして、簡単に準備します。

 ヘビに出会うこともなく着いた東峰山頂(312m)。誰もいないかもしれないという確証のない予想に反して、年配の男性ハイカーがひとり。何時になく、たくさんのクマンバチが乱舞しています。そのことを告げると、そのハイカーは軽く頷いたところですぐ出発して、鬼ヶ城山方面に向いました。

 一息ついて山頂をあとにします。追いつけばそのときと思っていましたが、なかなか「頷きハイカー」に追いつきません。縦走ルート以外に下山したのか、それとも歩きが速いのだろうかなどと思いながら歩いていると、麓にある鉄塔から先の急斜面に、新しいロープが設置されているのを発見。Kakomnye6v5srt3dyzrc

 そして道行地蔵を経て、鬼ヶ城山(282m)への上りにさしかかったときです。先ほどの男性ハイカーの背中が見えました。しばらく、ついて歩きましたが、上り坂で減速したので先行させてもらうことにしました。そう言えば、以前にも同じようなパターンがありました。鬼ヶ城山からの下りは、気が向いたので近道を通ります。

つづき:柚木城山西ルートでまた泥沼に足を突っ込む

« 観音堂跡口へ下りる | トップページ | 柚木城山西ルートでまた泥沼に足を突っ込む »

やまなみコース縦走」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈴が峯東峰山頂にはクマンバチが乱舞:

« 観音堂跡口へ下りる | トップページ | 柚木城山西ルートでまた泥沼に足を突っ込む »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ