« 己斐東1丁目から小茶臼山へのルートは藪の中 | トップページ | 高尾山ルート正面からの岩登りは気が抜ける »

2012年6月21日 (木)

広島西大橋に向かう尾根道は鉄塔補修用か

 今回は、観音堂別れの分岐には注意していたので、見失うことなく小茶臼山山頂(200.2m)に到着。すこしゆっくりと平原城跡の雰囲気を味わいます。この山頂のコブ、なぜかしら不Imgp7713_edited思議なことにいつも、下りるときより上がるときの方が急坂に感じます。

 この前、通過しかけた三滝山方面に続く谷への下り道。今回はそれを左に確認しながら、まっすぐ進むことにします。道を封鎖するように置かれている木を乗り越えて、さらに進みます。歩きやすい広い道、この先がどうなっているのか楽しみ。

 そう思いながら、突き当たった鉄塔を過ぎると、今度は鞍部に小さな鉄塔。北側に西風トンネルのルーフが見Imgp7714_editedえてきました。南側には下り道らしきものがありますが、さらにその先に も、少し上ったところに大きめの鉄塔があるので進んでみます。到達した「大鉄塔」は103峰、南東側は太田川沿いの見晴らし良好です。

 ここまでの道は送電鉄塔の補修道なのかもしれません。「大鉄塔」には、北側にある開けて見える道と、東側にあるやや狭く感じる道がありました。どちらにすべきか悩んだ末、帰路に近い東方面の道を進んでみることに。しかし、下りていくと下草が茂り、クモの巣が張る藪に近い状態に。何とか道らしき空間を探しながら歩きます。

 やがて、空間そのものも判然としなくなりますが、墓地が見えてきました。すぐImgp7717_edited 横に竹薮があったので、そこに下りてみます。しかし、竹薮は急斜面で滑 りやすく、道もはっきりしていません。そこで、もう一度這い上がって、墓地を伝って下りることにしました。

 そのまま参道の階段を下りていくと、小河内墓苑の出口に着きました。高速4号線・広島西大橋の北側です。そこから太田川放水路の川土手にある、自動車のあまり通らない道を歩いて西広島駅へ。きわめて短時間でしたが、未踏ルートを探索することができ、何とかハッピーな一日になりました。(了)

« 己斐東1丁目から小茶臼山へのルートは藪の中 | トップページ | 高尾山ルート正面からの岩登りは気が抜ける »

太田川西流域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島西大橋に向かう尾根道は鉄塔補修用か:

« 己斐東1丁目から小茶臼山へのルートは藪の中 | トップページ | 高尾山ルート正面からの岩登りは気が抜ける »