« 「靴じゃのうて、脚で歩くんで」というのは荒っぽい? | トップページ | 権現山山頂にはどっしりした大岩がニョキニョキ »

2012年4月16日 (月)

まず大野浦駅から帆柱垰までウォーキング

大野権現山~おむすび岩ハイキング

天気:曇り一時小雨のち快晴
行動時間帯の気温:8.6~14.3℃ 風速:1.6~3.6m/s

大野浦駅8:36-林道口9:02-おおの自然観察の森口10:13-自然観察センター10:20-権現山口10:41-権現山11:20-昼食タイム11:28~11:42(14分)-分岐12:01-おむすび岩12:30-おむすび岩口13:00-おおの自然観察の森口13:29-林道口14:38-大野浦駅15:03

全行程所要時間(駅to駅)6時間13分(昼食時間除く) 速度:3.22㎞/h
ハイキングタイム(林道口to林道口):5時間22分(〃) 速度:2.48㎞/h
ハイキングタイム(登山口to登山口):2時間5分(〃) 速度:2.11㎞/h

 

 大野権現山への挑戦。自家用車を持たないハイキングプアとしては、大野浦駅Imgp7095_editedから帆柱垰まで林道を歩かなければなりません。総距離が20㎞になるので、どうしたものか。若干の躊躇がありましたが、しかし、やまなみハイキングコース縦走では歩いている距離。ナンクルナイサァと出発することにします。

 距離が距離だけに、8時28分出発の列車をめざして準備にかかります。思ったより早く整ったので、少しでも早いほうがと、13分発に切り替えて事務所を出発。ところが、駅に着いてホームに出ると、想定していなかった7分発の列車が入ってきました。行き先を確認すると岩国行き、これ幸いと乗り込みます。Imgp7097_edited

 経小屋山の行き来に大野浦駅から毛保川方面へ行ったことはありますが、中津岡川ははじめて。迷わないように、詳細な地図を用意します。しかし、それでも大野中学校のあたりで、川を渡るか否かで若干動揺します。川と道と方角を確認して、何とか間違えることなく中津岡川に到着。

 これからは、分かりやすい川沿いの一本道ですが、位置を確認するために、地形図を見ながら歩くことにします。高速道路の高架の下を通り、民家が途切れたあたりに、大きな砂防ダム。途中にもいくつか、砂防ダムがあります。上流になると、既に砂で埋まっているものも。谷川の流れる音を聞きながら歩きます。Imgp7104_edited

 舗装された林道ですが、まだシーズンとはいえないのか、自動車の通行が極めて少ないので、安全でしかも快適です。途中、西方面へ左折する林道、橋の上に水が溜まっています。支流の砂防ダムを管理する道のようです。そして、かなり上ったところで、東方面へ右折する「矢草林道」、地図で見ると結構長い。そして、帆柱垰には、渡ノ瀬ダムへと続く林道がありました。

つづき:権現山山頂にはどっしりした大岩がニョキニョキ

« 「靴じゃのうて、脚で歩くんで」というのは荒っぽい? | トップページ | 権現山山頂にはどっしりした大岩がニョキニョキ »

西部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まず大野浦駅から帆柱垰までウォーキング:

« 「靴じゃのうて、脚で歩くんで」というのは荒っぽい? | トップページ | 権現山山頂にはどっしりした大岩がニョキニョキ »