« 初っ端の武田山でいきなり滑落・打撲 | トップページ | 寒さと歩きすぎで、ついに抑うつ状態に陥る »

2012年1月26日 (木)

火山でも深く考えず急斜面を藪こぎ

 火山は、ひょうたん岩をたどるルートに挑戦します。山頂からは、かなり離れることになImgp6565_editedってしまいますが、他にスルーできる道はなく、ひょうたん岩にも、いつか機会があれば、もう一度行ってみたいと思っていたところなので好都合。

 水越垰から、353ピークを過ぎ、堀切分岐ピークに到着。火山を見上げると、まだ相当高い。「今回は楽をさせてもらおう」と甘い考えを抱きながら、堀切方面へと下りて行きます。
 353ピークは、「南天ピーク」としていましたが、標高が記載されているのが分かったため変更。「堀切ピーク」にも正確さを期して「分岐」を加えました。Imgp6566_edited心の中で・・・。

 堀切まで来ると、ひょうたん岩ルートへの分岐。さらに進むと、今度は「ひょうたん岩へ」と「上下の道分岐」という案内板が上下2枚あります。これは、ひとつづきに「ひょうたん岩への上からの道と下からの道の分岐」と読むようです。ここを、「はじめてに挑戦」で、「下の道」を選んだばかりに、またもや悲惨なことに。

 下の道は、だんだん下草がおおい茂ってきます。山の斜面に沿って、蛇行したりImgp6567_edited、上ったり下りたり。だんだん道が見えなくなり、それらしき踏み後を探して歩くことに。よほど人が通っていないようです。さらに、はじめは幹だけだった倒木も、やがて、枝や葉がついたままで、下を潜るのも跨ぐのも難しい大木に。

 これを乗り越えたとしても、その先に道があるのかどうかも判然としません。そのため、武田山での轍を踏まないよう確実な足場と手掛かりを探しながら、藪と岩を這い上がることにしました。しかし、後から考えれば、一旦向こう側に下りて道を探した方が無Imgp6569_edited難でした。

 少なくとも尾根に出れば道があるはずですが、そのときはあまり深く考えずに、場当たり的に行動します。上がっても上がっても藪と岩。しかし、やがてテーピングをした木を発見、何とか道に乗り上げることができました。そこからも、結構な急登を上ります。しかし、結局ひょうたん岩にはたどり着けず、例の火山西側の山道に出ることに 。

つづき:寒さと歩きすぎで、ついに抑うつ状態に陥る

« 初っ端の武田山でいきなり滑落・打撲 | トップページ | 寒さと歩きすぎで、ついに抑うつ状態に陥る »

やまなみコース縦走」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火山でも深く考えず急斜面を藪こぎ:

« 初っ端の武田山でいきなり滑落・打撲 | トップページ | 寒さと歩きすぎで、ついに抑うつ状態に陥る »