« 宮島イーストコースト往復 大砂利まで歩く | トップページ | 縦走復活 大岩ルートから武田山山頂へ »

2011年9月22日 (木)

宮島イーストコースト往復 青海苔浦まで歩く

 大砂利から先の4.5㎞、地名表示がなくなったので、地図を見ながら歩きます。Imgp5544_edited同じような地形が繰り返して、位置がはっきりつかめなくなりますが、とにかく前へ進みます。耳につく大きな音が聞こえてくると思ったら、ヘリコプターが沖から海岸にかけて、ブンブン飛び回っています。灰色の機体、人家がないため、このあたりで演習でもしているのでしょうか。

 ついに12時半を過ぎたので、景色を楽しむのを少し控え、ピッチをあげて歩くことに。すると、それまで続いていた舗装道が小川の手前で終りました。広い道幅はそのままで続いImgp5546_editedているので、判別が難しいのですが、川に沿って道は山の方へと向かっています。地図と照らし合わせて、ここが青海苔浦と判断。12時51分でした。

 そそくさと昼食をとり、小川の水で手と顔を洗います。気持ちヨカァ。青海苔浦へ下りる道を見つけましたが、帰りも同じように時間がかかることを考えて、少しでも早くと、そのまま帰途へつくことに。ウーキングタイムは3時間12分。復路もほぼ同じですが、逆方向を向いているので、往路には気づかなかった発見がいくつかありましたImgp5547_edited

 そもそもこの道はハイキングコースではないからでしょう。ハイカーには誰一 人として、出会いませんでした。それにしても、歩くには長い。急坂がないので、膝の調子は何ともないのですが、足の小指・薬指の裏側が痛くなりました。この道、自転車では峠を越えるのがたいへんですから、歩くしかない。今後、まずウェストコーストを歩ききって、そのうちいつか、宮島を一周してみたいものです。

 ところで宮島のシカは、人馴れしていておとなしいというイメージがあります。確かに道の途中Imgp5516_edited_2で出会っても、いつかの阿武山のシカのように飛び跳ねて逃げたりはしません。しかし、山の斜面を一気に駆け上がるところを見かけました。もちろん山道などないかなりの急斜面です。さすがに四足動物、あの脚の細さにもかかわらず人間とは脚力が違うようです。

関連日誌
上八木分岐で鹿に出会う

« 宮島イーストコースト往復 大砂利まで歩く | トップページ | 縦走復活 大岩ルートから武田山山頂へ »

宮島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮島イーストコースト往復 青海苔浦まで歩く:

« 宮島イーストコースト往復 大砂利まで歩く | トップページ | 縦走復活 大岩ルートから武田山山頂へ »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ