« 岩谷観音跡を目前にして藪こぎ下山をするはめに | トップページ | 上八木分岐で鹿に出会う »

2011年8月24日 (水)

梅林小登山道の正しい登山口から上る

 天気は曇り、行動時間帯の温度は27.1~31.4度で真夏にしては比較的低め。9時Imgp5376_edited32分に事務所を出発します。今回は阿武山ハイキングですが、下りたことはあるけど上ったことのない梅林小ルートと、上ったことはあるけど下りたことのない上八木ルートに挑戦。呉娑々宇山の教訓に学んで、自転車で梅林駅まで走ります。10時36分に到着しました。

 前回、梅林小ルートを下りたところは、ゴミ置きケージが設置されているだけで登山口の案内板もない場所に出たので、今回はネット地図でよぉよぉ確認して「梅林台」団地を上りました。カーブミラーがある小さな十字路を曲がらず、まっすぐ上に歩きます。長い坂の突き当たりに、登山口の表示がありました。10時50分です。 Imgp5353_edited

 山道に入ってしばらくすると、林になります。枯葉が被っていて、やはり道がハッキリしなくなりますが、今回は上りですから、大丈夫です。それでも前回、間違えて下りてしまったポイントを確認。やはり阿武山、それから急登が続きます。下から見上げたとき、あまり高くないところに見えた山頂は、阿武山の手前にある347峰だったようです。そのピークあたりに「尾の祠」がありました。

 そこからしばらく、尾根を通る緩やかな上り道が続きます。そして梅林小登山Imgp5354_edited道の最終点が近づくにつれて、すこしずつ勾配が強くなってきます。ところが、その直前で、気まぐれが起こり、直登の道を回避、楽そうな右側の道に回ってしまいました。ところ が、そのルートにはいつの間にか道がなくなり、また、少しだけ藪こぎをすることに。

 草を掻き分けて、「梅林小下山口」案内板の10mほど上に出たのが、11時40分。どちらが早かったか分かりませんが、そういえば、「尾の祠」の上にある「胴の祠」に出くわしませんした。道を踏み外したつかの間の行程にあったのでしょうか。何だか狐に摘まれたような気分でImgp5357_editedす。いずれにしても、そこから、踵がフワフワする「整備されすぎた山道」を歩きます。

 ここまで上る道中、またもやクモの巣払いに苦労するほど、誰一人としてハイカーには出会いませんでした。阿武山(586.2m)の山頂には11時55分に到着。山頂にも誰もいません。涼しい風が吹いて気持ち良いのに・・・。冷えすぎることがない「天然のクーラーじゃ」と独り言しながら気持ちのいい深呼吸をします。阿武山山頂唯我独尊と、少しばかり早い昼食をゆっくりとりました。

つづき:上八木分岐で鹿に出会う

« 岩谷観音跡を目前にして藪こぎ下山をするはめに | トップページ | 上八木分岐で鹿に出会う »

アストラムライン北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅林小登山道の正しい登山口から上る:

« 岩谷観音跡を目前にして藪こぎ下山をするはめに | トップページ | 上八木分岐で鹿に出会う »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ