« 武田山・火山縦走 地下足袋でも苦戦 | トップページ | 丸山・火山縦走 いきなり三山縦走のハイカー »

2010年2月14日 (日)

丸山・火山縦走 いまだに初心者レベル

 最高予想気温は10度でしたが、晴天に恵まれ、丸山・火山縦走トレーニングに出発。己斐が丘病院まで自転車走行。とは言ってもラストの急坂は押し歩きです。自転車を置いて、畑垰へ向けて歩きはじめます。

 事前に地図を見て、アップダウンをチェック。ところが、実際に歩いてみると、少し違うような感じです。同じ道を歩いたことがあるにもかかわらず、少し迷ってしまいました。地図の読み方が、不正確で甘かっに違いありません。すっかりコースを知っているつもりになっていましたが、まだまだ初心者の域を脱してはいないようです。

 まず、南側から丸山山頂へ向かうのですが、ときどき反射板を確認しながら歩いていたのに、いつのまにか山頂の北側に出ていました。道なりに進んできたつもりだったのですが、どうも東側の道を通っていたようです。振り返ると反射板が後ろにあったので、少し引き返すことに。道が分岐していたことに、まったく気がつきませんでした。

 そして、丸山山頂の457.6mを下って、地図ではすぐ次のピークが440m余になっているのですが、その前に何回かアップダウンがあったので426ピークに着いたと勘違い。しかも、岩場をよけて回る道はあったのですが、岩場へ上ってそのまま進むと、しばらくすると、どんどん下りていくではないですか。どうも様子がおかしい。

 幸いにも、急斜面が終わった頃に、北側に向かう道を発見。少し不安でしたが、山腹を回って、何とか正規のルートに復帰することができました。後からルート地図を確認すると、丸山横断道というコースになっていたようです。その後に着いた426ピークには、送電鉄塔がありました。確かに地図をみると送電線の印が山頂を横切っています。

 そこから火山へ向かう道は、無難に進みましたが、今度は、下山道探しにひと苦労です。堀切コースへ向かう道、地図で目星をつけておいたのですが、実際に歩いてみると、どこに分岐があるのか分かりませんでした。結局、道なりに水越峠まで歩いて、山本東登山口へ下りることに。前回火山直登をしたときに、堀切コースから上がったのですが、実は、このときには「ひょうたん岩」コースを経て南側へ出たので、北側の侵入路から入るのは未経験でした。

 山本東登山口から、以前火山からの下山コースで通ったことのある祇園ニュータウンの貯水池へ向かい、そこから4基のコンクリート階段を登って、道路へ出ます。さらに、道なりに南西へと歩き、己斐が丘病院へと向かう林道を、時おり自動車とすれ違いながら歩きます。前回の武田山+カガラ山・火山コースほどではなかったですが、それに匹敵する長い道程になりました。(了)

Imgp3423_edited Imgp3420_edited Imgp3419_edited

« 武田山・火山縦走 地下足袋でも苦戦 | トップページ | 丸山・火山縦走 いきなり三山縦走のハイカー »

太田川西流域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丸山・火山縦走 いまだに初心者レベル:

« 武田山・火山縦走 地下足袋でも苦戦 | トップページ | 丸山・火山縦走 いきなり三山縦走のハイカー »